小学生はなぜ勉強嫌いが多い?子どもへの正しい勉強の教え方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

study

みなさんは子供から「九九を教えて!」や「この漢字なんて読むの?」と勉強について質問された経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんなとき、質問されたお父さんやお母さんは、何て答えますか?よく「親が勉強を教えると自立しない」と言われていますが、それは半分正解で半分間違いとも言われています。

親御さんの中には、過干渉や構い過ぎの方もおられますが、これが原因で成績が上がらないということはありません。しかし、何事も適度が1番であるため、長期的に学力を伸ばしたい場合は子どもたちの自立心を育てる必要があります。

子どもの学力を伸ばすには、ほどよく構うことがポイントです。そこで、今回は「小学生の子どもに教える正しい勉強の教え方」についてご紹介したいと思います。

小学生の子どもが勉強嫌いな理由とは?

まず、子どもたちがどうして勉強が嫌いなのかを理解する必要があります。その理由は、大きく分けて2つあります。

1つは「勉強をすることに意義を見出すことができないから」もう1つは、「勉強の仕組みが分からないから」です。

子どもたちにとって勉強は楽しさを感じることができないことが多く、いくら親が「将来のために勉強しなさい!」といったところで、まだまだ幼い子どもたちには分かりません。

また、小学校低学年のうちに学力の差が生じるため、授業について行けない子も多々います。そのため、親は子どもが授業について行けているかをこまめに確認し、高学年になる前にしっかり基礎を固めておく必要があります。

また、子どもたちが勉強を嫌いになるのは、親にも原因があると言われています。よく「お友だちの○○ちゃんは出来るのにね。」や「ちゃんと勉強しなさいよ!」など子どもの頃に、よく言われた方も多いかもしれません。

実はこの言葉は子どもたちを勉強嫌いにさせる魔法の言葉ですので、絶対に使ってはいけません!子どもたちに勉強を教える前に、先ずは親である私たちから改善して行きましょう。

親の心構えと小学生の子どもへ勉強を教える方法とは?

小学生の子どもへ勉強を教える際に、やってしまいがちなNG行動は、大人による決めつけや発言です。よく親が使う「勉強しなさい」という言葉は、これから勉強を始めようと思っている子どもたちの学習意欲を削いでしまう言葉です。

もしお子さんが、普段から遊び呆けていて全く勉強をしないのであれば、前向きになれる言葉や助言をかけてあげるのがポイントです。

また、なかには勉強で分からないところがあると言えない内気な子やどこが分からないのかが分からないという子もいます。そういった煮え切らない態度を出す子どもたちに親としてはイライラするかもしれませんが、イライラせずに、やる気を引き出させる言葉をかけてあげましょう。

勉強を教えるのが上手な親御さんたちは、子どもの話をしっかり聞き、答えを導くためのヒントを出すのがとても上手のです。

例えば「3+5=9」と間違っている場合でも、「ここは8でしょ!」と答えをすぐに教えるのではなく、「どこか計算間違いをしていないかな?もう一回確認してみよう!」と子どもに間違いを気付かせてあげましょう。

また、理科の実験などで地球の自転の仕組みが理解できていない場合は、ボールや丸いフルーツと懐中電灯などを使って、実際にどのような仕組なのかを体験させてあげるなどの工夫も効果的です。

また、多くの親は兄弟姉妹やお友だちなどと、比べたりしますが、あなたがもし比べられたらどう思うか考えてみてくださいね。誰だって誰かと比べられるのは嫌ですよね。子どもも同じです。絶対に誰かと比較しないようにしましょう。

勉強の基礎は小学生のうちに完了します。ですので、低学年のうちから親御さんはしっかり子どもと向き合い、自立の芽をすくすくと育ててあげましょう。

自立の芽を育てるコツは、愛情をたっぷり注ぎ、なにか物事を成し遂げた後は、しっかりと褒めてあげることが重要です。決して怒鳴ったり、嫌みや皮肉を言ったり、構い過ぎないように気を付けましょう。