社会人には英語が必要な時代?若い頃にやっておけばよかった海外留学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ryugaku

私も現在30代後半となったのですが、今になって「社会人になる前に海外留学してもっと英語を勉強しておけばよかった!」って思うんです(泣)

若い社会人の方や大学生の方と話す機会が多いのですが、「海外留学してました!」という方が多いんです。私自身も若い頃にやっておけば良かったと思うランキングの1位は「海外留学」ですね。

30代・40代のみなさんは若い頃にやっておけば良かったランキングの1位は何ですか?もちろん、今からでもやろうと思えば出来るのかも知れませんが、結婚して家族があるとさすがに仕事を辞めてまで海外留学に行く勇気もありません。

しかし、最近では日本もグローバル化が進んで、世界で活躍できる人材を求める企業も増えてきたのも事実。だから、社会人になってからやっておけば良かったって思うより、若いうちに海外留学を経験し、自分のスキルや経験値にしたほうがいいんです!しかし、若いうちに目的や目標が無く、行くのもどうかと思うのです。

若い頃や学生時代に海外留学して後悔!?

若い頃や学生時代に海外留学をして、後悔している人も結構多いそうです。なぜ、後悔をしているのか?を調べてみました。

  1. 目標を実現させるために行く海外留学
  2. 決まった学年や期間に行く海外留学
  3. 日常に飽きてきたから行く海外留学

上記のような理由で、学生が海外留学に行くタイプに分けられるそうです。学生の頃に、海外留学に行った方はどのタイプでしょうか?結果としては、2や3の方が多いそうです。

だから、目標を持って留学したというより、海外への「憧れ」や「何となく面白そう!」といったような理由なので、海外旅行に行ったような感じなので、意味が無かったと後悔している人も多いようです。

社会人になってから行く海外留学は良いの?悪いの?

社会人になってから行く海外留学って、イメージは「かっこいい」ですよね!自分の夢を叶えるために、お金を貯めて挑戦しているみたいで憧れます。でも、メリットもあれば、デメリットも絶対ありますよね。考えられるものを簡単にまとめてみました。

【メリット】

・語学や専門的な知識や技術を学び、経験を積むことで、新たな道が開ける。

・異文化の体験することで自己啓発や自分磨きを行うことができる。

【デメリット】

・仕事を辞めて行くため、再就職の不安がある

・海外での生活が基準となり、何事にもやる気が起きなくなる可能性がある

このように、海外留学に行った際のメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。実際に、私の知り合いでもイタリアに半年ぐらい行ったあと、日本に帰ってきてから仕事に対しての考え方が変わり、「日本人は働きすぎ」と言って、あまり仕事をしなくなりました(笑)

もちろん、個人の考え方の問題もあるので、一概には言えないですが、せっかく海外留学するのですから、語学や知識や技術など、何か一つでも学んで帰って来たいですよね!

やっぱり英語が話せるようになりたい!

社会人になって海外留学するからには、英語が話せるようになりたいですよね!最初にも、書かせていただきましたが、最近の日本ではグローバル企業も多く、海外へ転勤などの話もよく耳にします。

でも、いざ転勤となっても英語が話せないと不安ですよね。何をするにも、ストレスに感じてしまいます。

そんな時に、きっと感じることでしょう。

  • 若い頃に海外留学をしとけば良かったと・・・
  • もっと英語を勉強しとけば良かったと・・・

でも、今からでも本気で目標を持って海外留学するなら遅くないと思います。実際に学生の頃に行けなかったので、社会人になってから自分でお金を貯めて、英語を勉強しに行く方も年々増えているそうです。

また、30歳を過ぎてから海外留学し、ビジネスで成功している方もたくさんいらっしゃいます

ですが、家族を捨ててまで、海外留学はしないでくださいね(笑)ちなみに、私の場合は、家族で海外旅行は良いけど、海外留学の同意は得られません。あくまでも、奥さんやお子さんの同意をしっかり得て、行ってくださいね!