桜の開花予想!関西の開花は平年より早いの?遅いの?2016年

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

sakura

最近少しずつ暖かくなり「春」ももうすぐって感じがしてきましたね!いよいよ桜の季節の到来ですが、みなさんはお花見の予定は立てていますか?

私の会社でも、毎年大阪城公園で花見をするので、今年の桜の開花予想を調べてまとめてみました。

歓迎会や花見を予定している方は、是非参考にして下さいね。

2019年大阪の桜の開花予想は?

今年の桜の開花は、暖冬により平年より早く咲くところが多くなりそうと予想されています。かなり早かった昨年よりは少し遅くなりそうですが…。

では、早速大阪の桜の開花予想と行ってみましょう。

大阪の開花予想は、3月25日(月)ですね!

昨年の大阪の開花は3月20日とかなり早かったのですが、今年は5日程遅くなりそうなので、お花見の狙い目としては、3月30日(土)・31(日)が良さそうですね!

あと、大阪以外の関西エリアも調べたので参考にしてみてください。

エリア(地点) 開花予想日
和歌山県 3月22日頃
京都府 3月23日頃
奈良県 3月25日頃
兵庫県 3月26日頃
滋賀県 3月28日頃

和歌山が一番早く、次いで京都、奈良、兵庫、滋賀という感じですね。もちろん同じ県でも場所によって開花日は前後しますので、花見の行き先が決まっている場合などは、場所で開花日の検索をして下さいね。

2019年関西エリアの桜開花日と満開日

エリア(地点) 開花日 満開日
滋賀県 3月31日 4月6日
京都府 3月27日 4月3日
大阪府 3月26日 4月2日
兵庫県 3月27日 4月3日
奈良県 3月27日 4月3日
和歌山県 3月23日 3月31日

去年の関西の開花日も、和歌山県が一番早く、次いで大阪となっていますね。そこから、1週間後が満開となるので、4月1週目の週末が一番見ごろとなります。是非、それに向けて計画してみてください。

2019年の全国の桜開花日と満開日

エリア(地点) 開花日 満開日
北海道(札幌) 4月22日 4月26日
東北(仙台) 4月3日 4月9日
関東(東京) 3月23日 3月29日
甲信越(長野) 4月4日 4月10日
東海(名古屋) 3月21日 3月30日
北陸(金沢) 3月31日 4月4日
近畿(大阪) 3月26日 4月1日
中国(広島) 3月24日 3月30日
四国(高知) 3月22日 3月30日
九州(福岡) 3月22日 3月29日
沖縄(那覇) 1月15日 1月29日

2019年の全国の桜の開花日も参考にしてみてください。去年は九州・四国(沖縄を除いて)の3月22日からスタートしていますね。桜が満開になるまで、だいたい5日~1週間となっております。関西以外の方も、開花日から満開日を計算して、お花見の日時を計画してみてください。

暖冬で桜の開花は平年より少し遅め?

今年の冬は、1月後半に大寒波がきて、西日本や北陸に大雪が降り、沖縄にも観測史上初めて雪が観測されましたが、全国的には暖冬傾向でした。

桜には、一定の期間、寒さの中でいることによって開花が促される性質があるそうですが、気温が高いと寒さが蓄積されず、花芽が休眠から目覚めにくくなるそうです。

そういった理由から、全国的に見ると、平年より少し遅めと予想されていますが、関西についてはほぼ平年並みの予想です。

桜の見ごろは、天候にも左右されやすく、1週間程度とすごく短いので、なかなか花見の予定を組みにくいですが、2016年の関西の桜の開花は4月第1週目の金・土・日あたりが予想されますので、是非、花見の計画を立ててみて下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする