結婚の顔合わせで絶対NGな服装とは?知らないとやっちゃうかも!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚を目前に控えた両家の両親との顔合わせって、ものすごく緊張するし、服装をどうしようか悩みますよね。

でもこれから身内になる相手だし、絶対に失礼があってはいけないので、服装マナーはしっかりと押さえておきたいところです。

そこで、結婚の顔合わせを控えた女性のために、婚約者の両親に好印象を与えられるように、正しい服装とNGな服装マナーについてご紹介します!

超基本だけどやっちゃうかも!?結婚の両親顔合わせでNGな服装マナーとは?

まずは両家の両親と顔合わせで会食する際に、絶対にしてはいけないNGな服装をまとめましたので、順番にチェックしていきましょう。

結構やってしまいがちなので、注意しましょう。

・露出が多い服装

ノースリーブやひざ上丈のスカート、胸元が大きく開いているなど、露出が多い服装をすると、品がない、ふしだらな女性と思われてしまいます。

もしノースリーブや胸元が開いている服を着る場合は、必ず上に何かカーディガンかジャケットなどを羽織るようにしましょう。

スカートも膝丈くらいで、座った時に膝が見えてしまうのなら、ハンカチで隠すようにすると上品に見えますよ。

・派手な柄や模様、奇抜なデザインの服

婚約者のご両親からの印象を良く見せるには、とにかく清楚で品のある服装が理想。

それに結婚の両親顔合わせというのは、どちらかというとフォーマルな席なので、個性的だったりカジュアルすぎる服、派手な色柄の服はマナー違反。

なるべく白やベージュ、水色、淡いピンクなど、パステルカラーのワンピースなどを選びましょう。

もし着物を着るのでしたら、訪問着か色留袖(いろとめそで)、色無地紋付(いろむじもんつき)がおすすめです。

振袖は第一礼装なので、顔合わせの場だと、ちょっと大げさになってしまうかもしれないので念のため避けましょう。

ちなみに筆者の妻は、私の親族との会食の席では、ネイビーのワンピースをチョイスしてました。

・素足やカジュアルな靴

顔合わせのときは、素足ではなく必ず肌色ストッキングを着用しましょう。

途中で伝線してしまうかもしれないので、予備のストッキングをバッグに忍ばせておくといいですよ。また、靴はヒールが高すぎない程度のパンプスがおすすめ。

ブーツやスニーカーはNGですよ。

・ハイブランドのバッグ

ヴィトンとかエルメスとか誰が見てもわかるようなハイブランドのバッグは、確かにフォーマルな印象だし上品に見えるけれど、相手のご両親からは、金銭感覚がない、浪費癖がある、身の丈に合わないものを欲しがる、と思われてしまいます。

出来ればハイブランドのものは避けて、高級すぎないけれど品のあるバッグを選ぶと良いですね。

以上が、顔合わせの服装のNGなマナー集。

気をつけないとついついやってしまいそうですね…。

でも、品良く清楚な服装を心がければ大丈夫ですよ!

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナー!会場に合わせることも大切

基本的に、清楚で上品な服装であれば問題ないですが、顔合わせをする会場に合わせた服装をするのも印象をよくするポイント。

たとえば、カジュアルだけれどオシャレなレストランでの会食なら、服装は着物よりもセミフォーマルなワンピースなど洋装がおすすめ。

化粧もナチュラルメイクが基本だけれど、少しラメ入りのアイシャドウやリップを使って、華やかな印象にしても大丈夫です。

反対に、ホテル内の高級レストランや料亭での顔合わせなら、服装は着物かフォーマルなワンピースやスカートスーツなどが相応しいでしょう。

化粧もラメやパールが入ったものは控え、薄めのメイクでフォーマル仕様にするのが無難ですね。

ということで、顔合わせの会場は事前にしっかり、リサーチして雰囲気を確かめておくのが良いですよ!

まとめ

今回は、結婚の顔合わせを控えた女性のために、婚約者の両親に好印象を与えられるような、正しい服装マナーやNGな服装を紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

お伝えしたように結婚の両親顔合わせの時は、カジュアルや派手、個性的、露出が高いのはNGなので、上品かつ清楚な服装やメイクを心掛けましょう。

ただし、会場が少しカジュアルなら、あまりかしこまらずに、多少はオシャレも重視して華やかにしてもOK!

でも派手過ぎるのはNGなのでご注意してくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする