無認可保育園ってこんなにも料金が掛かる!平均金額はどれくらい?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園

待機児童が多く「なかなか保育園が決まらない!」とお困りの方も多いのではないでしょうか。

私の妻も仕事の復帰日は決まっているのに、下の子の保育園がなかなか決まらず本当に困っていました…(泣)

そんな時に、念のため申し込みをしたのが無認可保育園

で、実際に1ヶ月間預けてみてどれくらいの料金が掛ったのか、また平均してどれくらいの料金が掛かるのかをまとめましたので、保育園が決まらず困っている方は参考にしてみて下さい。

無認可保育園の料金っていくら掛かるの?

普通の保育園に比べると無認可保育園って料金が高いイメージってありませんか。

早速、毎月いくら位掛かるのかを見ていきましょう。

年齢にもよりますが、実際1人預けるのに掛かる月額料金は、

平均 約50,000円~約70,000円

となります。

ビックリするくらい高いですよね( ゜Д゜;)!?

さらに、2人預けるとなると、

兄弟での割引があったとしても、

平均 約90,000円~約130,000円

と、かなりの高額になるのです。

正直これだけ高いとキツイですよね…(泣)

ただ、地域によっては補助金が出る自治体もあるので、もし無認可保育園を考えている方は一度自治体に相談してみてください。

また、既に無認可保育園に預けているという場合も、補助金が出る場合もありますので、一度問い合わせてみてくださいね。

ちなみに、私の子供を預けた無認可保育園は2歳児だったので45,000円でしたが、新生児(60,000円)は0歳児(55,000円)でしたよ。

そもそも、無認可保育園って何?

そもそも無認可保育園って何なのかを知っておきましょう。

無認可保育園とは、児童福祉法に基づく許可を受けていない保育園で、認可されている保育園のように入るための条件(親の就業や疾病など項目あり)等がなく、入園できる保育園のこと。(※地域や人気によっては、無認可でも待機児童などで入園できない場合があります。)

認可されている保育園の場合は、定員割れしていて入れなかったり、条件が満たしておらず入れないという方もいらっしゃいます。

ニュースでよく聞く「待機児童」というやつですね!そんな時に、便利に利用できるのが無認可保育園なのです。

認可保育園の料金ってどれくらいなの?

無認可保育園の料金は平均でも一人約50,000~70,000円とお伝えしましたが、普通の認可保育園とどれくらいの料金の差があるのか、もご紹介しておきます。

以下は、認可保育園の月額料金の割合です。

<認可保育園の料金>

月額保育料 割合
10,000円未満 約23.5%
10,000~20,000円未満 約23.5%
20,000~30,000円未満 約32%
30,000~40,000円未満 約12.5%
40,000~50,000円未満 約5.5%
50,000円以上 約3%

(2012年厚生労働省調査により)

認可保育園の場合、1人あたりの月額保育料の平均は約20,500円

しかも、上記の表でもお分かりいただけるように、10,000円未満から20,000~30,000円未満まで約80%を占めます。

無認可保育園の料金と同等額(50,000円以上)に限っては、約3%しかいないのです。

認可保育園と無認可保育園の料金には、これだけの差があるので、何としてでも認可保育園に入れたいですよね。

ここまで、無認可保育園と認可保育園の料金についてご紹介させていただきました。

出来ることなら、直ぐにでも認可保育園に入れたいところですが、先程お伝えしたように、条件を満たしていなかったり、定員割れしていると、直ぐに入れないのです。

しかし、どうしても仕事の都合で預けないとダメな方や、少しの期間だけ無認可保育園に預けたい方もいらっしゃいますので、申し込み方法についてもお話しておきます。

無認可保育園の申し込み方法とは?

認可保育園の場合、居住する市町村の役所に申し込みに行くのですが、無認可保育園の場合は、その保育園へ直接申し込みに行けば良いのです。

認可保育園のように、わざわざ市役所等に行っての面倒くさい手続きも要らないので、簡単ですよね!

ここからは、無認可保育園ならではのメリットについて、ご紹介させていただきます。

無認可保育園ならではのメリットとは?

無認可保育園には、仕方なしに行かせる方が多いと思いますが、メリットもあるのです。

どんなメリットがあるのか知っておきましょう。

<無認可保育園ならではのメリット>

・保育時間が長い

無認可保育園には保育時間が長いところがあります。

基本は認可保育園と同じように18時までいう所が多いのですが、夜間(22時ごろまで)保育や、お泊り保育をやっている保育園がありますので、シングルマザーや共働きで2人とも帰りが遅い方などには助かるのです。

・少人数制

認可保育園の場合、1クラス20人前後ですが、無認可保育園の場合、10人未満のところが多いです。

ですから、先生の目が届きやすく、細かなところまでケアしてくれるのです。

私の息子が行っていた園では、常時3人先生がいて、日によりますが5~6人の子供(0~1歳児)を見ていました。

・一時保育ができる

「○日と○日だけ預けたい!」や「午前中だけ預けたい!」などの一時保育をしてもらえます。

どうしても仕事が休めない場合や外せない用事が入った場合などに利用できるのです。

まとめ

今回は、無認可保育園の料金申し込み方法・メリットについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

認可保育園に比べると、かなり高くなりますので、大変だと思いますがお子さんの保育園が決まるまでは仕方ない頑張ってくださいね!

でも、時間的な融通も利きますし、少人数制の保育になるので、シングルマザーや両親共働きの方は安心して働けますので、どうしてもの場合は、一度利用してみてください。

でも、早く認可保育園に入れ事を願っています。