伊丹花火大会の穴場スポットをご紹介!ゆっくり見たいならココ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

itamihanabi

兵庫県では「みなとこうべ海上花火大会」「猪名川花火大会」など大きな花火大会もありますが、おすすめしたいのが伊丹市で毎年8月の終わりに開催されている「伊丹花火大会」

その理由は、来場者数が約6万人とやや少なめで、比較的ゆっくりと花火を楽しむことができるからです。

ということで、今回は私がおすすめする「伊丹花火大会」の日程とちょっとした穴場スポットをご紹介します。

伊丹花火大会の日程

今年で38回目を迎える「伊丹花火大会」。

先日日程が発表されましたので、さっそくご紹介しますね!

【開催日】  2019年8月24日(土)※荒天の場合、翌日へ順延 
【会場】  猪名川神津大橋南側河川敷
【花火の打ち上げ数】  3,500発
【打ち上げ時間】  20:00~21:00
【アクセス】

 JR伊丹駅から南東へ徒歩約10分

 阪急伊丹駅から東へ徒歩約20分

【交通規制】  当日、周辺道路は交通規制が掛かります。

※伊丹市口酒井字蔵ヶ淵地先

ただ、会場には駐車場はありませんので、必ず電車などの公共交通機関を使って行くようにしてくださいね。

また、伊丹花火大会開催日には、近隣の神津小学校で16:00から「神津夏祭り」や東有岡ワークハウスにて18:00から「古本市」なども開催されておりますので、早めに現地へ行っても楽しめますよ。

伊丹花火大会の穴場スポット

冒頭でお伝えしたように、他の大きな花火大会と比べると来場客数も約6万人と少ないのですが、会場付近はやっぱり混雑します。そこで、私がおすすめる伊丹花火大会の穴場スポットをいくつかご紹介します。

・イオンモール 伊丹店

まずは、イオンモール伊丹店。

伊丹店では、毎年駐車場の一部が「伊丹花火大会観覧スペース」となるんです。会場からも近いので大迫力の花火が楽しめますよ。

ただ、近年は花火大会が近づくと大々的に宣伝しているので、かなり混雑しますのでご注意を!

商業施設なので、トイレも自由に使用することができますし、飲食もすぐに調達出来るのも魅力ですね!

・伊丹スカイパーク

大阪国際空港の滑走路沿いにある公園「伊丹スカイパーク」は、ジェット機・空港・花火のコラボが最高の穴場スポット。

おすすめは2階の「大空の丘」ですね。ただし、この場所は花火開始時刻になると結構お客さんが集まってくるため、早めに行くことをおすすめします。

・猪名川神津大橋河川敷周辺

伊丹花火大会のメイン会場となる猪名川神津大橋南側河川敷はたくさんの人で溢れておりますが、目の前で打ち上がる花火はやっぱり圧巻!

でも、稀に花火の燃えかすが降ってくることがあるので、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は危険なので避けた方が良いでしょう。

また、神津大橋は観覧禁止となりますので、ご注意ください。

五月山 秀峰台

伊丹花火大会のメイン会場から少し離れた場所にある五月山にある秀峰台。高い位置から「静かに見る花火」もいつもと違っていいですよ♪

でも最近、穴場スポットとして知られてきていますので、花火大会当日は混雑するかも知れませんので、少し早めに行くのが無難!

その際に、忘れてはいけないのが虫除け対策です。しっかり対策して行きましょう。


伊丹花火大会の会場には、車の駐車スペースがありませんし、当日は会場周辺も交通規制が行われますので、必ず電車などの公共交通機関を使って行くようにしましょう。

また、花火の打ち上げが終わると同時に、最寄りの駅にたくさんの人が集まりますので、帰りの切符やカードのチャージを事前に行っておくとスムーズに帰えれますので、余裕を持って花火大会を楽しみましょう。

まとめ

今回は「第36回伊丹花火大会」の日程と穴場スポットをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

「混んでる花火大会は嫌い!」という方には、おすすめの伊丹花火大会。

京阪神に住んでいる方は、アクセスも良いし、他の花火大会より比較的空いているので、是非観に行ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする