初盆の香典の相場っていくら?香典袋はどんなものを選ぶの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kouden

日本では、夏の8月13日から8月16日(旧暦の7月15日頃)に迎える「お盆」

お盆には、ご先祖様や亡くなった方の霊が「苦しまずに成仏しますよう!」という思いを込めて、家族や親戚などが集まって、供養を行うのですが、皆さんは毎年行っていますでしょうか?

特に、今年「初盆」を迎える方は、マナーや香典についても知っておかなければなりません。

そこで、今回は「初盆」のマナーや香典の相場、香典袋の選び方についてご紹介させていただきます。

初盆とは?

「初盆」とは、故人の告別式後、四十九日が過ぎ、初めて迎えるお盆のことです。

通常の「お盆」と「初盆」には、特に大きな違いは無いのですが、故人が迎える最初のお盆なので、祭壇を組んだり、白張りの盆提灯を飾ったりして、故人が迷わずにお家に帰って来れるようにするところもあります。

また、故人が初めてお家に帰ってくるので、「最初の供養はきっちりしたい」という方も多く、身内だけでなく、生前、故人と親しかった友人や知人などを招いたりして「初盆」を迎える方もいらっしゃいます。

ですから、初盆を迎えるご家族は、早め(6月下旬ごろ)に、初盆の日程調整や準備を始めることをおすすめします。

また、初盆の法要の通知が届いた場合は、速やかに参加の有無を伝え、法事までに香典や香典袋を用意しなければなりません。

ここからは、初盆の際の「香典についてや相場、香典袋の選び方」についてご紹介していきますね。

香典とは?

香典とは、別名「香奠 (こうでん)」「香料」と呼ばれており、「香」には、お香や線香の代わりに供えるという意味が込められており、「奠」には霊前にお供えする金銭という意味が込められています。

そのため、香典は亡くなった方の霊前へ供える香に代わる金銭のことを表しています。

香典を用意する際は、必ず香典袋」と呼ばれる袋へ入れて葬儀や通夜、告別式の際に遺族へ手渡します。

また、お住いの地域によっては、初盆の際に、盆提灯や線香、ろうそくを持参する地域もありますので、ご両親などに確認するようにしましょう。

しかし、最近ではアパートやマンションなどにお住いの方も多いので、初盆の時でも「香典」のみというのが主流となっており、御提灯代 (御提灯料)や御香典と記し、持っていく方が多くなっています。

香典の相場っていくら?

社会人になると、今まで以上に冠婚葬祭に出席する事が多くなりますので、マナーを身に付けておく大事です!

その中のひとつ「初盆」について、ご紹介しておりますが、次に「香典の相場」について、お話ししていきます。

初盆では、故人(亡くなった方)とあなたの関係性によって香典に包む金額が大きく異なります

香典の相場は、

  • 大体5,000円~10,000円

です。ただ、故人とあなたの関係性や気持ちをプラスして包むのが理想的となります。

例えば、小さい頃からおじいちゃんおばあちゃん子だった場合は、少し多めに10,000円包んだり、友人の場合、5,000円でも親友の場合、10,000円包むなど、関係性や気持ちで金額を変えて行くのが、マナーとなります。

ただ、いくら故人と親しい間柄だといっても、一人だけ50,000円や100,000円と高額な金額を包んでしまうと、喪家や周りの方が恐縮したり、引いてしまう為、常識範囲で包んだり、相談して包むようにしましょう。

香典袋の選び方

香典袋にも様々なデザインがあるので、どのデザインのものを購入したら良いか?悩まれる方もいらっしゃるかと思います。

香典袋は包む金額や宗派によって選ぶのが基本となっており、それぞれデザインが大きく異なります。

【香典袋のデザインと宗派による選び方】

仏式

  • 白無地もしくは蓮の花が描かれており、水引は白と黒もしくは双銀の結び切り、またはあわじ結び (あわび結び)のもの

神式

  • 白無地で何もデザインされておらず、水引は白一色もしくは白と黒または双銀の結び切り、あわじ結び (あわび結び)のもの

キリスト教

  • 白無地もしくは百合の花や十字架が描かれており、水引が用いられていないもの

水引ですが、京都府や北陸地方では、葬儀や法要の際に黄白の水引を用いる場合があります。

また、香典袋は宗教や地域性だけではなく、包む金額によってもデザインが異なるので、そのあたりもご紹介しておきます。

 【包む金額による香典袋の選び方】

3,000円~5,000円の場合

  • 水引がプリントされたシンプルなデザインのもの

10,000円~20,000円の場合

  • 白黒の水引がかけられたものなど

30,000円~50,000円の場合

  • 高級和紙に銀の水引がかけられたものなど

100,000円以上の場合

高級和紙にひだ折りや銀紙があしらわれていたり、手の込んだ水引がかけられているものなど

このように、香典袋にも色んな選び方がありますが、あくまで目安となりますので、基本的には宗教や地域性によって選択されるのが良いかと思いますので、マナーを知った上で、身内の方や周りの方と相談するようにしましょう。

まとめ

今回は「初盆」のマナーや香典の相場、香典袋の選び方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

今まで「お盆は田舎に帰るのが楽しみ!」と思っていた方は、お盆にはこういった意味がありますので、知らなかったという方は憶えておいてくださいね!

特に「初盆」を迎える方は、最初のお盆になりますので、是非、この機会に香典の相場や香典袋の選び方も憶えておいください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする