蚊取り線香は赤ちゃんでも大丈夫?実はこんな成分が使われている!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蚊取り線香と赤ちゃん

夏になると蚊に刺されないために使われる蚊取り線香。

でも、赤ちゃんが居ると「においもあるし、煙も出るし、体に害は無いの?」と思いませんか。

そこで、今回「蚊取り線香は赤ちゃんでも本当に大丈夫なのか?」について調べましたので、ご紹介します。

蚊取り線香は赤ちゃんに使っても大丈夫?

蚊取り線香を赤ちゃんの前で焚いても本当に大丈夫なのか心配なところ。

でも、安心してください。

蚊取り線香の主成分には、除虫菊(シロバナムシヨケギク)に含まれる「ピレトリン」という成分が使われており、正確にはこれに類似している「ピレストロイド」という物質が使われています。

この成分は、殺虫剤などによく使われており、即効性が高く蚊や害虫が嫌る効果や、追い出すような効果があるのです。

で、何故安心なのかと言うと、人間を始め、ほとんどの哺乳類には、このピレストロイドを分解する酵素を持っているのです。

逆に、昆虫は分解する酵素を持っていないので、神経が麻痺して死んでしまうというわけなのです。

要するに、蚊取り線香に使われているピレストロイドは蚊や害虫を退治する効果はありますが、人間などの哺乳類には分解する酵素があるので大丈夫なのです。

ですから、

蚊取り線香は赤ちゃんでも大丈夫なのです!

勿論赤ちゃんだけで無く、妊婦さんやお年寄りの方でも大丈夫なのです。

少し余談ですが、蚊取り線香にも色んな種類のものがありますが、純天然成分の除虫菊蚊取り線香というのが販売されています。

この蚊取り線香は、ニオイや喉への刺激も少なく、比較的けむたさも感じにくいので、赤ちゃんがいるご家庭の場合には、さらに安心してお使えいただけますよ。

 

ここまでは、蚊取り線香を赤ちゃんに使用しても大丈夫かどうかのお話をしてきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんに使っても大丈夫という事は、お分かりいただけたと思いますので、もう一点安全に使うためのポイントをお伝えしておきます。

蚊取り線香を安全に使うためのポイントとは?

安全に使用するために知っておいて欲しいポイントが、もう一点あります。

それが、こちら。

 

<安全に使用するためのポイント>

  • 時間を決めて限定して使用する
  • 赤ちゃんの枕元からなるべく離して部屋の隅で使う
  • 赤ちゃんが蚊取り線香を食べてしまったり、手で線香を触ってやけどをしないように届かない場所に置く
  • 使用中は窓を開けて、しっかりと換気をした状態で使用する
  • 煙が少ないタイプの場合も忘れずに換気する

他にも、赤ちゃんを別室に移動させておいて、その間に蚊取り線香を焚き、焚き終わったら部屋に入れてあげたり、時間があまりない時などは、蚊取り線香の両端に火をつけたりするのも効果的な方法です。

もし、赤ちゃんが蚊に刺されてしまったら…

どれだけ対策をしていても、蚊に刺されることぐらいありますよね。

もし、赤ちゃんが蚊に刺されてしまったら、早めに痒み止めの薬を塗ってあげましょう。

放置しておくと、予想以上に赤く腫れ上がったり、痒さで皮膚を掻いてしまい、とびひなどになる可能性もありますので、十分に注意しましょう。

赤ちゃんの皮膚に塗り薬を塗るのが気になるという場合は、薬局などに行けば、皮膚に貼って使うタイプの専用シールも販売されていますのでおすすめです。

もし、刺された箇所の症状が酷い場合は、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

蚊にはこんな特徴がある!

ka1

蚊の特徴ってご存知ですか?

「A型の血が好き?」とか「B型の血は吸われない!」など、色んな噂話がありますよね。

ここからは、実際に蚊にはどんな特徴があるのかご紹介していきます。

 

蚊は、人間や動物が発する炭酸ガスを感知して近づいてくると言われています。

炭酸ガスの発生源の一つには「体温」があります。

体温があるということで、蚊は獲物として見分けているのです。

つまり、体温が高い人ほど、蚊に狙われる可能性が高くなります。

また、汗に含まれる乳酸にも敏感に反応するため、体温が高く、よく汗をかく赤ちゃんが狙われやすいのです。

もう一つは「反応しやすい色」です。

ある実験では

  • 黒→青→赤→褐色→緑→黄→白

という順で蚊が集まってきたそうです。

このあたりに注意しながら、赤ちゃんの洋服や小物選びの参考にしてみてください。

 

まとめ

今回は「蚊取り線香は赤ちゃんでも安全なのか?」ついてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

これからの時期、必需品の「蚊取り線香」

赤ちゃんにも大人にも害がないと分かり安心ですね!

ただ、使用する際は置き場所などにも注意し、赤ちゃんへの配慮は忘れずにしてくださいね。

可愛い赤ちゃんを蚊から守ってあげましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする