おはぎとぼたもちの違いって何?これを読めばすぐ分かる【豆知識】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「おはぎ」と「ぼたもち」ってどう違うの?と聞かれたら、お答えできますか。

「完全にお餅になっているのがぼたもちで、米粒が残っているのがおはぎ?」

「あんこがおはぎできなこがぼたもち?」

と、私も正確にお答えできませんΣ( ̄ロ ̄lll)

そこで、今回「おはぎ」と「ぼたもち」がどう違うかについて調べてみると面白いことが分かったのでご紹介しますね。

「おはぎ」と「ぼたもち」ってどう違うの?

おはぎとぼたもちの違いには諸説あるそうで、最も代表的な説をご紹介します。

おはぎは、別名「萩餅 (はぎのもち)」とも言われており、秋の七草のひとつである萩の花によく似ていたことから名付けられたそうです。

ちなみに、萩の花がこちら。

とても綺麗ですよね。この萩の花が咲き乱れている様を見立てて「おはぎ」とされたそうです。

でも、おはぎに似てるかな…(-ω-;)ウーン

そして、萩の花は秋に咲くことから、秋のお彼岸に墓前や仏前にお供えするのが「おはぎ」となったのです。

ちなみに漢字で「御萩」と書くそうです。

そして、一方のぼたもちは中国原産の牡丹の花に由来すると言われています。

こちらが牡丹の花。

牡丹は中国西北部の原産で、古くから薬用や観賞用として栽培されていた花で、春に咲くことから、春のお彼岸に墓前や仏前にお供えするのが「ぼたもち」となったと言われています。

おはぎに比べると、ぼたもちの方が花に近いかな( ´∀` )

ちなみに、ぼたもちは漢字で「牡丹餅」と書くそうです。

ということで、秋のお彼岸が「おはぎ」春のお彼岸が「ぼたもち」と言われるようになったそうです。

それでけでなく、素材やサイズにも違いがあったのでご紹介していきますね。

おはぎとぼたもちは素材やサイズも違うの?

おはぎとぼたもちは、季節だけでなく素材も違うのです。

基本的には、小豆(あずき)を使用しますので小豆餡は一緒なのですが、季節が違うため小豆の状態が違います。

小豆(あずき)の収穫シーズンは秋なので、

  • 秋のお彼岸にお供えするおはぎには、収穫したての皮が柔らかい小豆を使用。
  • 春のお彼岸には冬を越えて皮が硬くなった小豆の皮を取り除いてぼたもちに使用。

となります。

また最近では使用する米も違い、おはぎは粳米(うるちまい)、ぼたもちは糯米(もちごめ)が使用されているそうです。

他にも、きな粉を使ったものをおはぎ、小豆餡を使ったものをぼたもちと言われている地域があったり、お米の粒が残ってるものをおはぎ、餅のようになるまで搗いたものをぼたもちという地域などもあるそうです。

そして、サイズはというと、ぼたもちの方が若干大きいのです。その理由は、萩の花よりも牡丹の花の方が大きいからなんです。

素材やサイズにもこんな違いがあったんですね。

秋の「おはぎ」春の「ぼたもち」以外にもあった!?

ここまで「おはぎ」と「ぼたもち」の違いについてお話してきましたが、実は「夏」と「冬」にも呼び名があるってご存知でしたか?

夏の呼び名は「夜船」と書いて「よふね」と言うらしく、由来は夜に着く船はいつ着いたか(搗いたか)分からないと掛けて、言われるようになったそうです。

また、冬の呼び名は「北窓」と書いて、そのまま「きたまど」と言うそう。こちらの由来は、月(搗き)が見えない北窓に掛けて、言われるようになったそうです。

どちらも、ちょっと強引な呼び名で連想し難いですが、このように夏と冬にも呼び名があったのです。

ただ、今はほとんど使われておらず、通年通して「おはぎ」と言われることが多いそうですよ。

ちょっと、豆知識として覚えておいてくださいね!

まとめ

今回は「おはぎ」と「ぼたもち」の違いについてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしたか。

違いを表にまとめてみるとこんな感じですね!

  おはぎ(御萩) ぼたもち(牡丹餅)
萩の花 牡丹の花
季節
使用する小豆 皮が柔らかい小豆を使用 皮が硬いので取り除いた小豆を使用
粳米(うるちまい) 糯米(もちごめ)
大きさ 小さめ 大きめ

「お萩は秋、牡丹もちは春」そして「お萩の方が大きい!」と覚えたら、覚えやすそうですね。

今度、お団子屋さんを見つけたら、どっちの名称で売られているか見てみてくださいね。もしかすると、老舗などであれば「夜船」や「北窓」もあるかも知れませんね。

豆知識としてちょっと違いを知っていると、楽しみながら買えたり、食べたりできますよね。今年のお彼岸は是非違いを意識しながら、食してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする