亜鉛で髪の毛が伸びるって本当?調べてみた結果、驚愕の事実が判明!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30歳後半から40歳代になってくると頭頂部の薄毛や髪の毛を洗った時の抜け毛の量など気になりませんか。

そんな状態を見ると「そろそろハゲるんかなぁ?」なんて、思ってしまいます(泣)

以前に、テレビで「亜鉛を摂ると髪の毛が伸びる?」というのを見た事があったので、実際の所どうなのかを調べてみました。すると、驚愕の事実が判明したのです。

そこで、今回は是非お伝えしたく「亜鉛で髪の毛が本当に伸びるのか?」について書かせていただきました。

私と同じように、髪の毛で悩んでいる方は是非知っておいたほうがいいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

亜鉛で本当に髪の毛は伸びるの?

亜鉛で髪の毛が伸びるのかを調べてみると、

実際のところ、

亜鉛で髪の毛は伸びないそうです(残念)

少し認識違いをしている方も多いそうですので、簡単にご説明しますと、亜鉛は髪の毛に必要不可欠な要素というのは間違いないのです。

そして、その亜鉛が不足すると「亜鉛欠乏症」になり、それが原因で薄毛や抜け毛があると言われているのです。

また、薄毛や抜け毛だけでなく白髪が増えたり、髪の毛に元気が無くなって細くなるといった症状なども報告されています。

ただ、亜鉛を摂ることで薄毛や抜け毛が改善される場合があることも明らかにされているのです。

要するに、亜鉛を摂ることで髪の毛が伸びるのではなく、薄毛や抜け毛が改善される場合があるということなのです。

また、亜鉛欠乏症が原因で薄毛や抜け毛なども考えられますので、そうならないように日頃から亜鉛をしっかり摂ることも大切なのです。

そんな、亜鉛欠乏症ですが食べ物だけでなく、色んな理由が原因でなってしまうことをご存知ですか。次の章でそのあたりについてご説明していきますね。

亜鉛欠乏症になる原因とは?

亜鉛欠乏症に陥る原因は、実は食べ物だけでなく色々な原因があると言われています。

では、どんな原因があるのかを見ていきましょう。

<亜鉛欠乏症に陥る原因>
  • 過度なダイエット
  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 仕事やハードな運動による疲労
  • 飲酒射精年齢

ストレスや過度なダイエットなども原因なんですね。ちなみに思い当たる節はありませんでしたか。薄毛や抜け毛はそのことが原因かも知れませんよ。

どれも当てはまらないという方は、もしかすると食事の摂り方に問題があるかも知れません。

実は、亜鉛は食物繊維(インゲン豆、納豆、にんにくなど)を豊富に含む食材や、緑黄色野菜と一緒に摂ってしまうと吸収率を下げてしまいます。

吸収率を上げるためには、ビタミンC(焼き海苔、赤ピーマンなど)や、クエン酸(レモン、梅干しなど)と一緒に摂取するほうがいいのです。

ぜひ覚えておいてくださいね。

では、亜鉛を多く含む食べ物ってどんなもの?

牡蠣

亜鉛は、食品からのみ取れる成分なのです。

ここで、亜鉛を多く含む食べ物にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

<亜鉛を多く含む代表的な食べ物>

  • 牡蠣(生)…約13.2mg
  • 豚肉(レバー)…約6.9mg
  • 牛肉(肩、肩ロース)…約6.4mg
  • 牛ひき肉…約7.6mg
  • パルメザンチーズ…約7.3mg
  • ごま(乾)…約5.5mg

牡蠣(生)や牛肉は有名ですよね。ただ、牡蠣は頻繁に食べれるものでもないと思いますので、牛肉や牛ひき肉、豚肉などで補うようにしましょう。

1日にどれくらい摂取するのがいいの?

亜鉛は、冒頭でもお伝えしたように、薄毛や抜け毛、また生殖機能の発育や維持などに効果を発揮するミネラル成分で、別名「セックスミネラル」とも呼ばれています。

そして、髪の毛の栄養でもあるタンパク質の合成や免疫力の向上といった様々な効果や効能もあり、薄毛や抜け毛には、必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。

では、1日にどれくらいの量を摂取するのが良いのでしょうか?

実は、亜鉛は16種ある必須ミネラルのうち、微量ビタミンに属していて1日の摂取目安は100mg以下と意外に少ないのです。

18歳から69歳の男性の場合で、1日に8mg。多くても10mgほどで良いのです。

また、15歳から69歳の女性の場合、1日に6mgが平均。多くても8mgまで。妊娠中や授乳中の女性は、2~3mg多めの8~10mgぐらい摂取した方が良いと言われています。

いずれにしても、1日にそんなにたくさん摂取しなくても良いのです!

逆に、亜鉛の過剰摂取による副作用もあるそうなのでご紹介しておきますね。

亜鉛の摂り過ぎによる副作用もあるの?

亜鉛は、必要ミネラルなのですが長期間過剰摂取してしまうと、以下のような副作用を引き起こすことも明らかにされています。

<亜鉛の過剰摂取による副作用>

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 胃痛
  • 発熱

このような副作用の他にも、銅欠乏による貧血や活性酸素が過剰になることで細胞が傷付き、ガンになってしまう恐れもあるそうです。

厚生労働省でも、成人男性は40~45mg/日成人女性は35mg/日ならば安全であるとしていますが、食事で亜鉛を10mg以上摂取している場合は、亜鉛が15mg以上配合されているサプリメントを2粒以上摂取してはならないとされているほどなので、亜鉛の摂り過ぎには十分気をつけてくださいね。

まとめ

今回は「亜鉛を摂取すると本当に髪の毛は伸びるのか」についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

亜鉛で髪の毛が伸びるというわけではありませんが、不足すると薄毛や抜け毛の原因になるのです(泣)

だからといって、摂り過ぎも良くありません。過剰摂取してしまうと、副作用で貧血やがんを引き起してしまう可能性もありますので、十分に注意してくださいね。

もし「亜鉛欠乏症かな?」と感じたら、一人で判断するのではなく、出来ればお医者さんに診てもらい、検査してもらってから摂取するようにしましょう。

とは言っても、30代後半ともなるとやっぱり気になるところ…。

髪の毛が伸びることを望むのであれば、亜鉛不足だけを心配するのではなく、育毛剤や頭皮に優しいシャンプーなどを利用した方が良いのかも知れませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする