ミノキシジルタブレットってどんな効果があるの?使用して大丈夫?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄毛や抜け毛に効果があると話題の「ミノキシジルタブレット」(ミノタブ)

ミノキシジルとは「リアップ シリーズ」などにも含まれている、発毛効果が期待できる育毛剤。

大正製薬では、1999年にミノキシジル成分1%が配合されたダイレクトOTC第1号製品「リアップ」を販売し、バイアグラと共に生活改善薬として注目を集め、2005年には女性専用の「リアップ レディ」を販売し、2009年にはミノキシジルを5%配合した「リアップx5 (男性用)」が販売され、薄毛や抜け毛で悩む方々の希望となりました。

しかし、リアップx5よりも、より効果の高い「ミノキシジルタブレット」を摂取する方々も多く、今では「ミノタブ」という愛称で親しまれています。

そこで、今回は「ミノキシジルやミノキシジルタブレットの優れた効果」についてご紹介させていただきます。

そもそも、ミノキシジルって何?

ミノキシジルとは、1960年代にアップジョ (現・ファイザー)という会社が創製した血管拡張剤で、元々は高血圧の経口薬として用いられていました。

その後、実験によって髪を育成し脱毛症の改善に効果があるとわかったのです。

そして、1980年代に禿 (はげ)や脱毛症の治療薬としてミノキシジルを2%配合した外用液「Rogaine (ロゲイン)」が販売されたのです。

噂では、ミノキシジルの発毛メカニズムについて、毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させると言われておりますが、詳しいメカニズムについては未だ解明されていないのです。

ミノキシジルにはどんな効果があるの?

では、ミノキシジルにはどんな効果があるのかご紹介していきましょう。

禿(はげ)治療薬として有名な「フィナステリド」とは薬理作用が異なるため、併用可能とされており、ミノキシジルとフィナステリドを併用することで相乗効果が得られ、より高い発毛効果が期待できるとされています。

ミノキシジルが、一般的に外用液として利用されている理由は、内服薬にしてしまうと副作用が現れるため、頭部に直接塗布する方法が望ましいと言われていましたが、最近では、ミノキシジルを内服薬に使用した「ミノキシジルタブレット」「Loniten (ロニテン)」ジェネリック医薬品なども販売されています。

ただ、ミノキシジルタブレットは日本では簡単に購入できず、海外から直接輸入するか、海外から輸入しているお店などで仕入れなければなりません。

ミノキシジルタブレットの詳細はこちら

ミノキシジルタブレットって使用して大丈夫なの?

内服タイプのミノキシジルタブレットの場合、外用タイプに比べて優れた発毛効果が期待できるため、米国の食品医薬品局「FDA」では、認可されている医薬品となっています。

ただ、服用するにあたって注意も必要となります。

以前、「ミノキシジルタブレットの副作用が恐ろしい!服用する前に確認を!」という記事で、ご紹介させていただいたように様々な副作用も報告されているのです。

体に有害となり得るミノキシジル分量は認可されておらず、5%と10%が治療に有効な基準とされ認可されています

「リアップx5」のような外用タイプのミノキシジルの場合、効力が長く続かないため、ミノキシジルの含有量が高い外用タイプの方が、効果的な治療を行う上で有効な成分構成としてFDAでは認可されています。

ミノキシジルタブレットは、外用タイプと異なって、著しい発毛効果が期待できるので、利用される方も多く、出張の多いビジネスマンや移動の多い芸能人の方々のあいだでも、広く利用されているのです。

まとめ

今回は「ミノキシジルやミノキシジルタブレットの優れた効果」ついてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

きっちりとした方法で服用すれば、効果が期待できますね!

ただ、ミノキシジルというのは、本来高血圧の方への治療薬として用いられる、血圧を下げるための医薬品なので、薄毛や抜け毛で悩んでいる方でも「発毛効果がある!」からといって、むやみやたらに服用するのは、とても危険なので注意してくださいね。

服用される際は自己責任の上、またお医者さんに相談した上で、服用するようにしましょう。


<この記事もよく読まれています>

・ミノキシジルタブレットの副作用が恐ろしい!服用する前に確認を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする