ミノキシジルタブレットって副作用があるの?服用前に知っておきたい事!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出典:http://www.pnai.org/

薄毛や抜け毛で悩んでいる男性芸能人などが愛用し、効果があると話題となっている「ミノキシジルタブレット」

本当に効果があるのか?気になるところですよね。

ただ、ミノキシジルって元々血圧が高い人が血圧降下剤として使用されていたものなので、健康な人が服用すると「副作用がある」とも言われています。

今回は、「ミノキシジルタブレットの副作用」についてまとめましたので、これから服用をお考えの方は、しっかりと理解したうえで服用するようにしてくださいね。

ミノキシジルタブレットにはどんな副作用があるの?

育毛効果があると話題になっているミノキシジルタブレットですが、その反面、副作用の報告も多く挙がっています。

一体、どんな副作用が報告されているのかを見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットの副作用

  • 眠気
  • むくみ
  • 体重増加
  • 動悸
  • めまい
  • 倦怠感
  • 不整脈
  • 多毛症
  • 肝機能障害
  • 頭痛
  • 低血圧
  • しびれ
  • 多臓器不全
  • 高カリウム血症
  • 意識障害
  • 頭皮の痒み 

人によって症状は様々ですが、このようにたくさんの症状が報告されています。

服用している男性芸能人の中にも「体毛が濃くなり過ぎ」とか「体重が増えた」、「むくんだ」などの副作用の報告がされています。

ちなみに、ミノキシジルタブレットを育毛目的で認可している国はなく、あくまでも血圧降下剤として販売されています。

ですから、どうしてもミノキシジルタブレットを試してみたいという場合は、病院で先生に相談してから購入するようにしましょう。

ミノキシジルタブレットによる死亡例もある!?

副作用だけでなく、死亡例もあったのでご紹介させていただきますね。

ミノキシジルタブレットの開発実験を行っていた時のお話なのですが、犬に3mg/Kgのミノキシジルを服用させたところ、心臓の細胞死 (アポトーシス)の抑制が引き起こり、心筋が肥大したことで心臓破裂に至り、死亡したそうです。

また、最近では2000年にミノキシジルを含有している育毛剤を使用した3人が死亡したというニュースもありました。

亡くなった3人の方々とミノキシジルの因果関係は未だに解明されていないそうですが、もしミノキシジルが原因であれば、本当に怖い話ですよね。

ミノキシジルタブレットを服用する際に注意することは?

注意イラスト

薄毛や抜け毛でお悩みだとは思いますが、副作用が出たり死んでしまっては元も子もありません。

もし、服用するのであれば十分に注意しなければなりません。自分自身で勝手に判断するのではなく、出来れば病院の先生と相談しながら服用するようにしましょう。

では、ここから使用する際に最低限注意するべきことがありますのでご紹介しておきます。

・併用してはいけない薬がある

代表的な薬でイブプロフェン・バイアグラ・スマトリプタンなどとの併用は、とても危険です。

もし、これ以外の薬を飲んでいるという方は、必ず病院の先生に相談や確認をしてから服用するようにしましょう。

・アルコールの摂取

血管拡張剤であるミノキシジルをアルコールと共に摂取してしまうと、血流の流れが良くなり過ぎてしまい、低血圧になる危険性がありますので、絶対にやめましょう。

・併用しなければならない薬がある

逆に併用しなければならない薬もあります。副交感神経β受容体遮断薬もしくは類似薬利尿剤の2種類は、ミノキシジルタブレットを服用する際、必ず必要となる薬です。

ミノキシジルタブレットを服用すると、細胞間に水が溜まってむくみやすくなるため、これを予防するために利尿剤が必要となります。

また、副交感β受容体遮断薬は、狭心症や不整脈を抑えるために必要なものなので、必ずこの2つを併用して服用するようにしましょう。

こちらも自分で判断せず、必ずお医者さんに相談するようにしてくださいね!

プロペシアも副作用があるの?

薄毛や抜け毛予防でミノキシジルタブレットと同様に人気のある「プロペシア」

プロペシアも、元々は前立腺肥大症の治療薬として開発されたもので、効果がある反面、同じように副作用の報告が挙がっていますので、ご紹介しておきます。

プロペシアの副作用

  • 視力低下
  • 肝機能障害
  • 不妊
  • 女性化
  • がん
  • うつ病
  • 肥満

など、ミノキシジルタブレットと同様に副作用の報告が挙がっています。

また、プロペシアも循環器異常を引き起こし、死亡したという例もあるそうなので十分に注意して服用するようにしましょう。

まとめ

今回は「ミノキシジルタブレットの副作用」についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

ミノキシジルは、元々血圧が高い人のための「血圧降下剤」として使われていたので、健康な人が服用すると副作用が出てしまう可能性があるんですね。しかも、副作用だけでなく死亡例も報告されていたのです。

それでも薄毛や抜け毛で悩んでいて「どうしても飲みたい!」という場合は、服用する前に注意すべき点をしっかり理解してから服用してくださいね。

また、ミノキシジルタブレットと同様に人気の「プロペシア」も、元々は前立腺肥大の治療薬として開発されたもので、同じように副作用や死亡例が報告されています。

もし「どれくらい効果があるのか、1回試してみよう!」ぐらいの軽い気持ちであれば、辞めておいた方がいいでしょう。

今一度、長期的な服用が可能なのか、また副作用が出たり、最悪死んでしまう可能性があるということをしっかり理解し、そして必ずお医者さんに相談してから服用するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする