低反発枕って洗濯できるの?清潔に保つための4つの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

枕

枕の種類には、色んな素材のものがありますが、最近では自分の頭の形に変形し、しっかりフィットしてくれる、低反発枕がとっても人気!

使っている方も多いのではないでしょうか?

でも、低反発枕ってどうやって洗濯したらいいのか、正直迷いませんか?

  • 洗濯機で普通に回していいの?
  • ネットに入れて洗濯すればいいの?
  • 枕カバーを外して洗濯すればいいの?

など、手入れの方法が分からず、結局そのまま放置状態の方も多いはず。

私もたまに干したりはするものの、臭いや変色が気になっていました(´・ω・`)

そこで、今回は低反発枕は洗濯できるのか?についてと効果的なお手入れ方法をご紹介したいと思います。気になっている方は試してみて下さい。

低反発の枕は洗濯できるの?

低反発枕には「ウレタン」という素材が使われていることが多く、普通に洗濯すると

  • 水の作用によって加水分解が起こる
  • 空気中の微生物によって分解が始まり、柔軟性や耐久性が失われる
  • 通気性が悪いので、湿気が溜まりやすく、カビや雑菌の温床になる

と、このような症状が出てしまいます。

つまり、洗濯することでウレタンがボロボロになってしまったり、かえって不潔になってしまったりする可能性があるということです。

ですから、基本的には

「洗濯ができない」のです。

とは言っても、洗濯しないまま使い続けるわけにも行きませんよね!

「じゃあ、どうすればいいの?」と質問が来そうなので、ここからは効果的な手入れの方法についてお話ししていきます。

低反発枕のお手入れ方法とは?

hatena1

・お手入れ方法①:陰干し

まずは、陰干しです!

低反発枕は、紫外線に直接当たらなければ劣化しないので、太陽光が届かない日陰で陰干しをするのがいいのです。

ただ、日陰はジメジメしていることが多いので、できるだけ天気のいい日に湿度の低い場所で干すようにしましょう。

また、低反発枕に使用されているウレタン素材は通気性が悪いので、斜めに立てたり洗濯かごの上に乗せるなどして、多くの面が風に当たるように工夫して干すようにしましょう。

できれば週1ぐらいのペースで陰干しするのが理想ですが、天候や季節によっては、毎週干すことができないと思いますので、最低でも月1~2回は干すようにしましょう。

・お手入れ方法②:枕カバーやバスタオルを使用する

低反発枕は直接洗濯することが出来ないので、枕カバーやバスタオルを使って対応しましょう。

枕カバーやバスタオルを使えば、外して洗濯することが可能なのでおすすめです。

低反発枕のサイズに合う、枕カバーを2~3枚購入し、こまめに交換してもいいですし、購入するのは勿体ないという場合は、バスタオルを敷いて使用しましょう。

ただ、あまり分厚いカバーやバスタオルを使ってしまうと、低反発枕の意味が無くなってしまうので、できるだけ薄いものを使用することをおすすめします。

・お手入れ方法③:布専用の除菌・消臭スプレーを活用する

このような便利なスプレーが販売されています!

陰干しや枕カバーの取り換えだけでは、雑菌の繁殖や不快な臭いを全て取り除くことはできないので、布専用の除菌・消臭スプレーやファブリーズなどを併用すれば、さらに清潔に保てます。

■布専用の除菌・消臭スプレーを使用方法

枕カバーを取り外し、広範囲に2~3回ほどかけて、陰干しを行うのがベストです。もちろん、かけ過ぎてしまったり、濡れた状態で使用するのはNGですので、陰干しでしっかり乾燥させるようにしましょう。

・お手入れ方法④:頑固な汚れは叩いて落とす!

低反発枕も長年使用していると、汗や皮脂汚れによって、どうしても取れないシミが付いてしまいます。

こうなってしまうと、上記でご紹介した3つの方法では、なかなか落とすことが出来ません。

そこで、頑固な汚れは、清潔なタオルと中性洗剤を使って叩いて落としましょう。

<叩き洗いの方法>

まずは、以下の材料を用意しましょう。

お洗濯セット

[材料]
・キレイなタオル:2枚
・約40度のぬるま湯:洗面器1杯分
・台所にある中性洗剤:大さじ1杯(※汚れが頑固な場合、少し量を増やしましょう)

では、やり方をみていきましょう。

[やり方]
①約40度のぬるま湯を洗面器に注ぎ、中性洗剤を加えて洗浄液を作る。
②タオルを洗浄液に浸し、ギュッと固く絞る。
③枕の汚れをタオルでポンポンと叩き、汚れを浮かせる。
④乾いたタオルで叩いた部分をぬぐうように拭き取る。
⑤最後に湿度の低い場所で、陰干しをする。(※気になる場合、除菌・消臭スプレーを数回吹きかけ、陰干ししてもOK)

染み付いた頑固な汚れの場合、ゴシゴシと拭いてしまいがちですが、拭いてしまうと余計に広がってしまいますので、必ずポンポンと叩くようにしましょう。

また、強く叩き過ぎたり、やり過ぎてしまうと、中まで吸収してしまい、ウレタンがボロボロになったり、カビが生えてしまう原因になりますので注意しましょう。


もし、このようなお手入れの方法が面倒臭いという場合は、少し値段は上がりますが丸洗いができるタイプの低反発枕が売ってるので、買い替えるのもありかと思います。

確かに素材を気にせず洗濯できたら、とても便利ですが、乾かし方が甘かったらすぐにカビが生えそうな気もしますから、そこは注意したほうが良さそうですね。

低反発枕は天日干しはダメなの?

低反発枕の手入れ方法で、陰干しをおすすめしましたが、布団のように天日干しはダメなのか気になるところ。

実は、

「ダメなんです!!」

その理由は、低反発枕は紫外線に弱い性質を持っていて、天日干しをしてしまうと、すごい速度で劣化が始まり、野球の硬式ボールのようにカチンコチンに固くなってしまいます。

こうなってしまうと、使い物になりませんので、低反発枕は水と紫外線にとっても弱いということも頭に入れておきましょう。

まとめ

今回は、低反発枕が洗濯できるのか?についてや清潔に保つためのお手入れ方法をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

低反発枕は、ウレタン素材が使われていることが多いので、洗濯や水洗いはできないのですが、こまめに手入れすれば清潔さを保つことができるのです。

4つのお手入れ方法を全部できなくても、陰干しや枕カバーとバスタオルを交互に使うだけでも、清潔に保つことができますので、出来ることから始めてみましょう。

間違っても、天日干しをしたり、洗濯機で回したりしないように・・・。

今まで低反発枕の手入れ方法に悩んでいた方は、是非参考にしてみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする