トイレトレーニングはいつからすればいいの?私がやったやり方はこの方法!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トイレトレーニング

子供のトイレトレーニングがなかなか進まずに悩んでいませんか?

保育園の周りのお友達を見ても、おしっこー!やうんちー!ってちゃんと言って早くからオムツを取れてる子も居るし…。

「うちの子は大丈夫なんかな?」「いつオムツが取れるんやろ?」と心配になっちゃいますよね。私の娘もトレーニングはするものの、なかなかオムツが取れませんでした(。>д<。)・゚

そこで、今回は「お子さんのトイレトレーニングがなかなか進まない!」という方の、少しでもお役に立てればと思い、私がやった方法を交えながらご紹介させていただきます。

実際、慌てなくても全然大丈夫ですが、オムツがなかなか外せず気になっているパパさんママさんは参考にしてみてくださいね!

トイレトレーニングはいつからすればいいの?

一般的には「2歳の夏の時期が良い!」と言われていますが、無理にその時期にする必要はありません。

ただ、トイレトレーニングを「開始してもいいかな?」という子供からのサインがありますので、お子さんの行動を観察してみて下さい。

トイレトレーニング開始時期のサイン
  • 自分で歩いてトイレまで行ける
  • おしっこの間隔が2~3時間以上あく(間隔が分からない場合は、数日間様子を見てメモをしておくと分かりやすい)
  • 自分の意思を伝えられる(チッチでた、おしっこなどの単語)

お子さんに、このようなサインがあれば開始しても良い時期だと思います。

ただ、いきなり一人では行けませんので、2〜3時間間隔で「トイレ行こっか?」と誘ってあげたり、「チッチは?」と声を掛けてあげましょう。

その上で自分の意思が伝えられるようであれば、まずはトレーニングパンツを使用してみてはいかがでしょうか?

ここがポイントですが、いきなり最初からパンツでもいいのですが、お漏らしなど不安だと思いますのでトレーニングパンツから始めてあげるのがおおすめです。

また、子供も一生懸命なのでお漏らししても怒らないであげて下さいね。

万が一、お漏らしした時も「気持ち悪いねぇ〜、次は頑張ってトイレ行こうねぇ〜」など、優しく声を掛けてあげて下さい。

最初はトレーニングパンツがおすすめ!

トレパン

我が家も最初はトレーニングパンツを使いました!

このパンツであれば中が6層になっているので、1~2回おしっこをしてしまっても大丈夫ですし、洗濯もできるのでとっても安心。

うんちの場合は、洗うのがちょっと大変ですが…(苦笑)

他にも、4層や3層になっているトレーニングパンツなどもありますので、時期や成長に合わせて変えていけばいいと思います。

最初は、やっぱり以下のような6層タイプのトレーニングパンツを何枚か購入しておくのがおすすめですよ!

\3000円以上送料無料!/マジェンタoriginal おねしょ対策 80cm〜95cmトレーニングパンツ6層タイプ・パイル地ボーダー ベビー服 子供服【2点までゆうパケット】

トイレトレーニングの方法と注意点

お子さんに「トレーニングを始めてもいいかなぁ」というサインは出ていますか?

出ていたら少しずつ始めてみましょう。

次は、トレーニングの方法や注意点をご紹介していきますね。

できるだけお子さんが楽しくトレーニングできるように、工夫しましょう。

●トイレトレーニングの方法

  • できるだけ、決まった時間やタイミングで声を掛けてトイレに誘う
  • 好きなキャラクターのパンツを一緒に買いにいく
  • 可愛いパンツや格好いいパンツを履かせる
  • トイレトレーニングに関係するDVDや絵本などを見せる
  • トイレに、好きなキャラクターの絵を貼ったりし、明るい雰囲気にする
  • トイレが出来たら、達成表などにシールを貼らせる(貼るときに「よくできたね」や「偉いね」と誉めてあげる)
  • やりたがらない時は無理にやらせない

などです。

一緒にパンツを買いに行って、好きなキャラクターや自分のお気に入りのものを2~3枚選ばさせてあげると、子どものモチベーションアップにも繋がりトレーニングにも効果的です。

また、1~2歳児だと根本的にトイレやおしっこ、うんちのことを理解できていない子も多いのです。

そんな時は、トイレに関係する絵本を一緒に読んであげたり、DVDなどを見させてトイレのイメージを膨らませてからトレーニングをした方がスムーズに進みますよ。

ちなみに、我が家では「ノンタン」の絵本をトイレにおいて、読み聞かせをしながらトイレをさせていました。

【送料無料!】赤ちゃん版ノンタン 3 『おしっこ しーしー』【絵本】

他にも、トイレにアンパンマンなどのキャラクターを張ってあげたり、ノートとシールを置いてあげたりしてもいいですよ。

ただ、シールは壁に張ったり、トイレに流してしまう可能性もあるので注意してくださいね。

いずれにしても「トイレって楽しい!」と感じさせてあげることが重要です。

そして、少しでも座れたり、おしっこができたら「すごいね!頑張ったね」「トイレできたね」など、お子さんを必ず誉めてあげましょう。

●注意点

トイレトレーニングは、一回成功してもまたできなくなってしまったり、家で出来ても場所が変わると怖がったり、嫌がったりしてしまうことがあります。

また、おしっこはできるけど、うんちがなかなかできなかったりもします。

できるのにあまりやりたがらなかったり、気分によっても左右されるのです。

だからと言って、子供を叱ってはいけません。

出来なくても、失敗しても絶対に責めないでくださいね!

子供も、少しすると気持ちが落ち着いてきたり、またやってみようと思うことが多いので優しく見守ってあげましょう。

でも、やっぱりトイレトレーニングは早い方がいいの?

ここまでは、トイレトレーニングの時期やトレーニング方法について、ご紹介してきましたがいかがでしたか?

そんなに焦らなくても、子供の成長に合わせてゆっくりとトレーニングをしてあげるのがいいのです。

とは言っても、ママ友とトイレトレーニングの話をしていると、焦ってしまうものです。

  • 「うちの子、1才過ぎたらすぐオムツ取れたよ」
  • 「トイレトレーニングを始めたら、すぐオムツ取れるよ」
  • 「まだオムツなの?早く始めた方がいいよ」
  • 「遅かったら、恥ずかしくない?」

など、まるでうちの子が遅れてるみたい…(。>д<。)

「やっぱり、トイレトレーニングは早い方がいいの?」と思ってしまうのも無理ないですよね。

でも、安心してください!早くなくていいんです!

子供の成長には個人差がありますので、よその子と比べるのではなく、我が子のタイミングで開始時期を選んでくださいね。

無理にパンツにしなくても、オムツのままトイレに行く練習をすることも出来ますし、遅い子だと4歳を過ぎてもオムツをしている子もいます。

私の娘も3歳半までオムツをしてましたし…。

だから、焦らず優しく見守ってあげましょう。

まとめ

今回は「トイレトレーニングを開始する時期はいつからが良いのか」「トイレトレーニングの方法」についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

ママ友と話していると「早くトレーニング始めないと!」や「周りの子たちはできているのに、うちの子はまだ全然できない」などと、焦ってしまうこともあると思います。

私も、娘を保育園に行かしていたので、周りの子がどんどんオムツを外しているのを見ると焦ったので、その気持ちは分かります。

でも、本当に全く気にすることはありませんよ!

かえって、無理に早く始めて上手くいかず失敗を繰り返すより、2才半~3才半くらいに、一気にトイレトレーニングをしてすぐオムツが外れることもあるくらいです。

あなたのお子さんのペースでトレーニングをしてあげてください。

また、あまり考えすぎてしまうと、逆にママのストレスになってしまい、知らず知らずのうちに子どもにあたってしまうことにもなりかねませんので…。

ゆったりとした気持ちで、優しく見守ることが子どもの安心感になり、トイレトレーニングを頑張れるのだと思います。

焦らず、気長にトイレトレーニングを試してみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする