カカオニブにはこんな効果がある!摂取量はどれくらいがベスト?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

cacao

海外セレブや芸能人などがSNSなどで紹介し、注目を集めているスーパーフード「カカオニブ」

そんなスーパーフード「カカオニブ」ですが、一体どんな効果をもたらすのでしょうか。気になるところですよね。

ただ、スーパーフードって摂取しすぎても良くないという説もあるので、今回はカカオニブにはどんな効果があり、どれくらいの量を摂取すればベストなのかを調べてまとめてみました。

是非、参考にしてみてください。

そもそも、カカオニブって何?

まず、カカオニブとはどんな食材なのかを知っておきましょう。

「カカオニブ」とは、中南米やアフリカ、東南アジアで採れる、あなたもよく知っているチョコレート原料のカカオのひとつで、そのカカオ豆の皮を剥いて、粗く砕きチップ状にしたものを言うのです。

見た目はこんな感じです。チョコフレークみたいですね(笑)

そんなカカオニブには一体どんな効果があるの?

カカオニブには、高い抗がん作用や抗酸化作用のポリフェノールが豊富に含まれているのです。特に、カテキンが多く含まれていて、緑茶の約4倍とも言われています。

ですから、ガンの予防や美容効果にが期待できるのです。

ポリフェノールは、別の成分が加わってしまうと吸収されにくくなるそうなので、カカオをそのまま食べる事で、より効果が発揮されるそうです。

チョコレートなどは、砂糖や油脂類、添加物などが大量に添加されているため、効果が半減されてしまうのです。

これでは、折角のスーパーフードも台無しです。

しかし、「カカオニブ」の場合は、カカオをダイレクトに摂取できるため効果は絶大なのです!

カカオニブってどんな味?

カカオニブって、どんな味かも気になりますよね!

風味はチョコレートで、甘みはなし。

はちみつやレーズン、豆乳などとも相性抜群!

ダイエット効果やアンチエイジングにもバッチリのスーパーフードです。 いかがでしたか?再び注目を浴びている、新スーパーフード「カカオニブ」を、是非お試しください。

・ナビタス ナチュラルズ ローカカオニブ/送料無料

スーパーフードって何?他にもあるの?

スーパーフードというのは、今から30~35年くらい前の1980年代にアメリカやカナダで、食事療法を研究しているお医者さんや専門家の間で、有効成分を多く含む食品に付けられた言葉です。

今回、ご紹介した「カカオニブ」以外にも、世界が大注目しているスーパーフード「キヌア」や「チアシード」などがあります。

  • キヌア

キヌアは、お米に似た小さなつぶつぶの穀類で、コロンビアからアルゼンチンにかけてのアンデス山脈が原産で、精白米に比べると、たんぱく質2倍・鉄5倍・カルシウム6倍・食物繊維10倍といわれるスーパーフード。

キヌア

・著名人やセレブの間でも話題のスーパーフード「キヌア」

  • チアシード

「チアシード」は、チアという植物の種で南米原産。

調理する必要がなく、他の食材や飲み物などと混ぜるだけで簡単に使えるので、ダイエットなどをしている方にも大人気。

カルシウム・鉄・亜鉛・食物繊維が多く含まれるスーパーフード。

チアシード

・楽天総合ランキング1位獲得!チアシードが新発売!

まとめ

今回は、スーパーフード「カカオニブ」についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

チョコレートの原料カカオなので、すごく食べやすそうですし、チアシードのように見た目も悪くないのでいいですよね。

カロリーもかなり抑えることができますので、これからダイエットを始めたい方は、ぜひ話題のカカオニブでスタートしてみて下さい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする