牡蠣にあたるとどんな症状が出るの?食べた後何時間後に出るの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ牡蠣のシーズンがやってきましたねー!

焼き牡蠣や蒸し牡蠣、鍋なども絶品ですが、やっぱり生牡蠣は最高ですよね。

ただ、生牡蠣を食べて「あたったが事ある!」という人は「もう食べるのが怖い!」というぐらい、かなり辛い思いをされています。

私の友人でも過去にあたったことがあり、鍋に入れたり、カキフライは大丈夫だけど、生は絶対ダメという友人もいます。

そんな牡蠣ですが、「あたるとどんな症状がでるのか?」についてや 「食べてから何時間後に症状が出始めるのか?」などについてまとめましたので、参考にしてみてください。

と、その前に牡蠣にあたる原因について知っておいた方がいいと思いますので、ご紹介しておきますね。

牡蠣にあたる原因とは?

牡蠣は、大きく分けて夏に旬を迎える「岩牡蠣」冬に旬を迎える「真牡蠣」がありますが、特に冬に旬を迎える真牡蠣があたりやすいのです。

その原因の大半が

「ノロウイルス」

と言われています。

このノロウイルスは、ご存知の方も多いと思いますが冬に猛威を振るうウイルスで、このウイルスに感染した人が調理や便をします。

そして、その調理をした人や便をした人からどんどんと感染していくのです。

上の図を解説すると、

まず感染者が十分に手を洗わずに調理する⇒そしてそれを食べる⇒食べた人が便をする⇒ウイルスが付着した便や汚物が下水や生活排水として川から海へ流れる⇒海で生活している牡蠣が海水と一緒に飲み込む⇒それを私たちが食べて感染する(´;δ;`)ううう

このような経路で感染するんですね。

それだけでなく、汚物(吐いたもの)などの処理がきっちり出来ておらず、それが乾燥して飛び散って、飛沫感染や空気感染を起こします。

もちろん、ノロウイルス以外にも腸炎ビブリオ貝毒などが原因であたるとも言われていますが、ほとんどがこのような感染経路でノロウイスに感染するのです。

しっかりと覚えておいてくださいね!

では、それを踏まえ牡蠣にあたるとどんな症状が出るのかをお話していきます。

牡蠣にあたるとどんな症状がでるの?

ほとんどの原因がノロウイルスとお伝えしましたが、原因によって少し症状が異なりますので、それぞれどんな症状が出るのかを知っておきましょう。

牡蠣にあたると出る症状

 ○ ノロウイルスの場合

  • 嘔吐・吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 頭痛
  • 発熱 など

 ○ 腸炎ビブリオの場合

  • 激しい腹痛
  • 下痢(ときに血便)
  • 発熱(高熱ではない)
  • 嘔吐や吐き気 など

 ○ 貝毒の場合

  • 舌や唇のしびれ
  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐や吐き気 など

このように、原因によって症状が若干異なりますが、主となる症状としては、腹痛・下痢・嘔吐・吐き気となります。

では、このような症状は食べた後、何時間後に出始めるのかも知っておきましょう。

牡蠣を食べた後、何時間後に症状が出始めるの?

牡蠣を食べたら「すぐに症状が出る」という訳ではありません。原因によっての目安の時間がありますので覚えておいてください。(※体質や体格などによっても異なります)

牡蠣を食べてから発症までの時間(目安)

 ○ ノロウイルスの場合

  • 食後、約24~48時間(1~2日)

 ○ 腸炎ビブリオの場合

  • 食後、約6~12時間

 ○ 貝毒の場合

  • 麻痺性貝毒は食後、約30分
  • 下痢性貝毒は食後、約30分~4時間

貝毒のように早い場合もありますが、ほとんどの感染原因がノロウイルスなので、翌日とか2日後に吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、発熱などの症状が出るのです。

その後、大体3日ほどで回復へと向かいますが、嘔吐や下痢によって脱水症状を引き起こす可能性があります。

また、ノロウイルス以外の食中毒の可能性もありますので、症状が落ち着いたからといって無理をせず、病院で診察してもらうようにしましょう。

牡蠣にあたった?と思ったら…

万が一、牡蠣を食べて腹痛や下痢、吐き気や嘔吐などの症状が出た時どうすればよいのかについても知っておきましょう。

1.まずは水分補給をしっかり行う

下痢や嘔吐、発熱でかなりの水分が身体から出ますので、水やお茶、スポーツドリンクでしっかり水分補給を行いましょう。

吐いてしんどいとは思いますが、一口でも水分を取ることが重要です。(※その際、冷たいものより、常温か少し温めたものがおすすめ)

2.体から出るものは全て出す

下痢や嘔吐が続くと本当に辛いですが、体からウイルスを出すための一番早い方法です。

注意ポイント!

しんどいからと言って吐き気止めや下痢止めなどを服用してしまうと、ウイルスが体内に長くとどまってしまい逆効果となる可能性がありますので、服用せず落ち着くまでは水分補給をしっかり行い、安静にしましょう。

汗やおしっこなどで、早く体外へ出すことで早期回復できますので、体からしっかりと出してあげましょう。

3.二次感染を防ぐ

ノロウイルスは非常に感染力が強いウイルスです。感染している人との接触はもちろん、飛沫感染や空気感染もしますので、マスクなどを着用し二次感染を防ぎましょう。

特に、家族に小さいお子さんやご年配の方がいる場合、感染してしまうと重症化する可能性がありますので、十分に気を付けてくださいね。

最近では、ウイルスを除菌するスプレーなども売っていますので、自宅に常備しておくことをおすすめします。

▶ ノロキラーS の購入はこちら

ちなみに、私の家族にも小さい子供が居るので吐いた時の処理の際や、風邪気味かなという時には、部屋やふとんなどに振っています。

まとめ

今回は「牡蠣にあたるとどんな症状がでるのか?」や「食べた後、何時間後に症状が出始めるのか?」についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

牡蠣にあたる、大半の原因は「ノロウイルス」なのです。それによって、嘔吐・腹痛・下痢などを引き起こすのです。

特に、家族に小さいお子さんがいる場合、保育園などから菌を持って帰ってきたりしますので、外から帰ったら手洗い・うがいをしっかりするようにして下さいね。

また、牡蠣を食べてから症状が出るまでの時間についてもご紹介しましたが、ノロウイルスの場合、症状が出るまで約1~2日掛かります。

もし「あたった?」と思ったら、しっかりと水分を摂り、勝手に判断せず病院で診てもらうようにしましょう。また、汚物(吐いたもの)を処理する場合は、二次感染を防ぐためにも手洗いをし、すぐにマスクを着用して対応してくださいね。

私個人的には、牡蠣であたったことがないので、しんどさが正直分かりませんが、あたると「もう二度と食べたくない!」となるくらい辛いそうなので、くれぐれも食中毒にはご注意してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする