玉ねぎを切っても涙が出ない方法!簡単にできる6つの方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玉ねぎを切る際、涙がボロボロ出てホント目が痛いですよね。何とか防ぎたいですよね。

実は、ひと工夫加えることで涙が出ない方法というのがあるのです。

今回はその方法をご紹介したいと思います。自宅で簡単にできますので是非お試しくださいね。

と、その前に玉ねぎを切ると何故涙が出るのか、その理由について知っておきましょう。

玉ねぎを切ると涙が出る理由とは?

玉ねぎには香り成分の「硫化アリル」というものが含まれていて、その成分が原因で涙が出るのです。

特に、玉ねぎをみじん切りにしたり、すり潰したりすると玉ねぎの細胞が破壊されて、アミノ酸や酵素などが混ざって、多量に硫化アリルが発生します。

それが気化して目や鼻などの粘膜を刺激すると、脳から「涙で洗い流せ!」という指令が出て、涙が出るわけなんです。

これが、玉ねぎを切ると誰でも涙が出る理由なんです!でも、人間の体って本当に凄いですね!防衛本能っていうやつですね!

では、早速どうすれば涙が出ないか、その方法をご紹介していきます。

玉ねぎを切っても涙が出ない方法とは?

1、切れ味の良い包丁を使用する

切れ味の良い包丁を使用することで、玉ねぎの細胞をあまり破壊せずに切ることができるので、硫化アリルの発生を抑えることができるのです。

もし、切れ味の良い包丁が無いという方は、100均で包丁研ぎ器が売っているのでそれを購入してもみるのもいいかと思います。

2、冷蔵庫で冷やす

調理する1時間くらい前から、玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておく。冷やしておくと、切った際に硫化アリルが飛びにくくなります。

ただ、温度が戻ると効果が無くなりますので、切る直前に冷蔵庫から取り出すようにしましょう。あと、包丁を冷やしても効果がありますよ。

3、電子レンジでチンする

皮をむく前に電子レンジでチンしてから、切ると涙が出にくくなります。

方法は、まず玉ねぎの上と下を切り落として、皮の部分に縦に1ヶ所を切り込みを入れます。

その後、500Wで2分ほどチンすればOK。この方法は、皮もむき易くなりますよ。

4、水につける

先に皮をむき、その後、5分~10分水につける。それから切ると涙が出にくくなります。

ポイントとしては、丸ごとつけるよりも半分か4分の1にカットしてからつけた方が効果がありますよ。氷水でもOKです。

5、扇風機を使う

玉ねぎ切る際に扇風機で上の方に風の流れを作って、目に硫化アリルを届かなくさせる手法。

扇風機が無い場合は、換気扇を回しながらその近くで切るのもいいですよ。

6、お箸を口でくわえて切る

この方法は、以前テレビで紹介していた方法です。理由としてはお箸をくわえることで唾液が出て、その唾液の分泌が涙よりも優先されるからだそうです。

実際、この方法は私もまだやったことがないので、今度試してみたいと思います(^^)

以上、6つの方法をご紹介しましたが、どれも簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

今、涙が出ない玉ねぎがあるの!?

イグノーベル賞って聞いた事ありますか。

私も知らなかったのですが、毎年、ノーベル賞の前哨戦として行われていて「人々を笑わせ、そして次に考えさせる」をコンセプトに研究している科学者たちに、本物のノーベル賞受賞者たちが贈る賞らしいんです。

その賞で、2013年になんと日本の企業のハウス食品が選ばれていたんです。

そこで選ばれたのが「涙の出ない玉ねぎ“スマイルボール”」だったんです。みじん切りにしようが、すり潰そうが一切涙が出ない玉ねぎだそうですよ。

この玉ねぎは、涙が出る原因の酵素を遺伝子組み換え技術によって作らせないようにしたからだそうです。

ただ、遺伝子組み換え技術を用いて開発された玉ねぎは、消費者に受け入れられにくいため、商品化されるまでには、まだまだ時間がかかるそうです。

ネットスーパーなど一部のお店では販売しておりますのが、まだまだ割高なので、涙が出ないというだけで購入というのもちょっと高い気がしますが、気になった方は1度購入してみてはいかがでしょうか。

北海道産 涙のでない玉ねぎ「スマイルボール」はこちら

まとめ

今回は玉ねぎを切っても涙が出ない方法についてご紹介させて頂きましたがいかがでしたか。

玉ねぎを切ると涙が出るのは「硫化アリル」という成分が原因だったんですね。

その硫化アリルも、切れ味の良い包丁を使ったり、予め冷蔵庫で冷やしておくことで、切った際の発生を減らすことが出来るのです。

少し手間はかかりますが、この方法で泣かなくて済みますね(笑)

機会があれば、一度試してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする