紅葉で行きたい京都・嵐山エリア|おすすめスポットまとめ【8選】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐山

毎年多くの方が紅葉に訪れる京都。その中でも特に人気のエリア「嵐山」

関西に住んでる方であれば、一度は行ったことがある!という方も多いのではないでしょうか。

今回、そんな人気の嵐山エリアのおすすめスポットから穴場スポットまでを厳選してまとめてみました。是非参考にしていただければと思います。

京都・嵐山エリアの紅葉おすすめスポットをご紹介!

1.嵯峨野トロッコ列車

約7.3kmを25分ほどかけて保津川の渓谷沿いの紅葉を楽しめる「嵯峨野トロッコ列車」

列車内から美しい紅葉を見ることができ、11月中旬~12月上旬頃まで紅葉を楽しめる。

また夜にはライトアップされ、昼とは違った紅葉も楽しめる。臨時列車のダイヤは日によって異なるので、詳細はHPで確認して下さいね。

【嵯峨野トロッコ列車の詳細】

住所 京都府亀岡市篠町山本地
営業時間 8:50~最終列車まで(※最終列車は日によって異なる)
定休日 水曜日(紅葉の時期は運行・祝日・春休み・GW・夏休み)
料金 大人:620円、小人:310円(税込、片道の料金)
公式HP https://www.sagano-kanko.co.jp/index.php

2.宝厳院(ほうごんいん)

嵯峨嵐山駅から徒歩10分のところにある、天龍寺塔頭(てんりゅうじたっちゅう)の宝厳院(ほうごんいん)

春と秋に特別一般公開されている嵐山でも人気のスポット。

1461年に細川頼之によって初めて建てられた寺院で「仏が説法をする」という意味を持つ「獅子吼」の名が付けられた回遊式山水庭園があり、都林泉名勝図会にも掲載された名園で、紅葉狩りの名所のひとつ。

夜にはこんな感じでライトアップもされるので、カップルデートにもおすすめです。

3.渡月橋(とげつきょう)

京都・嵐山でも一番の観光スポット「渡月橋」

先程ご紹介した、トロッコ列車が近くのトロッコ嵯峨駅から出ているのでそれに乗って亀山駅まで行き、帰りは保津川下りで紅葉を見ながら嵐山まで戻るコースがおすすめ。

渡月橋付近には、飲食店もたくさん並んでいるので、食べ歩きもしてみて下さいね。インスタ映えするスポットや食べ物もいっぱいありますよ。

4.野宮神社(ののみやじんじゃ)

野宮神社

野宮神社は、伊勢神宮に仕えていた斎王に選ばれた皇女が出発前の清斎のために籠ったと伝わる神社で縁結びとしても有名。

平安中期の長編物語「源氏物語」の作中に登場する黒木の鳥居や小柴で作った垣などクラシカルな情趣は若い女性だけでなく、お子様から年配の方まで多くの人に愛されています。

5.二尊院(にそんいん)

松尾芭蕉が頻繁に訪れていた落柿舎や紅葉の馬場と呼ばれる美麗な一本道がある二尊院。

本堂では真っ赤な紅葉、参道では両端から枝を伸ばす迫力満点の紅葉が楽しめる。また、晩秋には散り紅葉と、色々な顔をのぞかせる。

着物をレンタルして歩くのもおすすめです。

6.天龍寺(てんりゅうじ)

京都市内の一番西に位置している「天龍寺」

時期によっては、早朝参拝もでき、朝の景色や紅葉が楽しめる。混雑もしていない時間帯なので朝強い方はとってもおすすめ。

世界文化遺産に認定登録されている曹源池(そうげんち)庭園西の「紅葉のトンネル」も
美景スポットですよ。

7.車折神社(くるまざきじんじゃ)

京都市右京区ある「車折神社」。金運や学業にご利益があるということで参拝者も多い。

また、境内には芸能神社というのがあり、ジャニーズやAKB48など多くの芸能関係者が参拝に訪れている。近くに撮影所(太秦映画村)があるので、運が良ければ芸能人と会えるかも!?

8.厭離庵(えんりあん)

紅葉シーズン限定(11月下旬~12月上旬)で公開される「厭離庵」

紅葉シーズンの嵐山はどこに行っても人が多いので、ここは穴場スポット!

小倉百人一首を選定した歌人・藤原定家の山荘宮跡とも伝えられています。

まとめ

今回、紅葉で人気の京都・嵐山エリアのおすすめスポットから穴場スポットまでを8ヶ所厳選してご紹介させていただきましたがいかがでしたか。

行ったことある場所や行ってみたい場所はありましたか。

私も、関西に住んでいるので殆どのスポットは行った事がありますが、車折神社(くるまざきじんじゃ)と厭離庵(えんりあん)は行ったことが無かったですね。

ちなみに、紅葉シーズンは結構冷えるので暖かい格好をして行くのがおすすめ。あと、どこもかなり混み合いますので、出来れば早めの時間帯で動いた方がいいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする