京都で紅葉狩りしながら絶品料理【南禅寺エリア】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月後半から11月にかけて、京都にはたくさんの方が紅葉を見に訪れます。日本人だけでなく、世界からたくさんの観光客が訪れます。京都では、文化や歴史も感じることができるため、秋の行楽シーズンは大人気エリアとなっています。

今回は、なかでも秋の行楽シーズンにオススメの名所、京都市左京区にある「南禅寺エリア」についてまとめてみました。

kyotomap-nanzenji

南禅寺エリアのおすすめスポット!

京都府京都市左京区にある臨済宗南禅寺派の本山として知られる南禅寺は様々な紅葉狩りを楽しめるスポットとして家族連れやカップルから、とても人気があります。では、南禅寺エリアのオススメ紅葉スポットを2つご紹介します。

●南禅寺

nanzenji
南禅寺エリアで絶対に外してはいけないのが南禅寺の紅葉です。歌舞伎の世界でことらさに大げさな表情や動作を行う大見得を切る1シーンでも有名な南禅寺の三門から見下ろす景色は三門に上がった人しか味わうことが出来ない感動があります。特に京都の西山に夕日が沈んでゆく夕暮れ時は最高のシチュエーションですので、家族連れやカップルにオススメの名所です。

●天授庵

tenjyuan
南禅寺の水路閣・書院に向かう道中にある南禅寺の開山塔の天授庵は、門をくぐると今までとは違った別世界へやってきたかのような幽雅な世界が眼前に広がります。そのまま奥へ進んでゆくと、石畳や白砂、青苔と真っ赤な紅葉が魅せる幽玄な枯山水庭園が現れ、心を打ちます。さらに奥へ進むと池和泉回遊式庭園と紅葉があり、夜には写真のように、ライトアップもされます。

カップルや年配夫婦にオススメの紅葉スポットですので、南禅寺を訪れた際は立ち寄ってみてください。

南禅寺エリアには国産小麦で打ったコシのあるうどんが食べられる「名代おめん 銀閣寺本店」やあぶらとり紙で有名な「よーじや」が運営している和スイーツ店「よーじや 銀閣寺店 ショップ&カフェ」など9店舗の美味しい料理&スイーツショップがあります。

順正
中でもオススメなのが「南禅寺 順正」です。1839年に開設された学問所として有名な順正書院は国の登録有形文化財に指定されており、歴史と美しい景色を堪能しながら食べる湯豆腐は格別です。

店舗サイトはこちら

順正自慢のメニューは利尻三の昆布を使用した出汁を浸み込ませた湯豆腐です。木綿豆腐でありながら、絹ごし豆腐のような食感が味わえ、ふわりと薫る柚子の優しい香りが食慾をそそります。

寒さの厳しくなる季節ですので、湯豆腐で身体と心をホッコリさせてライトアップされた紅葉を眺めにゆきませんか。

京都府の紅葉の見ごろは場所にもよりますが例年通りで行けば11月中頃だと言われています。ですが、温暖化などの影響で紅葉の色付きが前後するため、京都の美しい紅葉を眺めたいという方はこまめにニュースをチェックすると良いでしょう。

【京都・嵯峨&嵐山エリア】はこちら