おすすめの紅葉スポットを極める!【関東編】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関東近郊の紅葉スポットをご紹介!


紅葉狩りに行きたくてもなかなか時間が取れない方や遠出するのは疲れるという方におすすめの関東近郊の紅葉スポットをご紹介したいと思います。

関東近郊の紅葉は例年通りですと10月下旬から11月下旬にかけてが丁度見ごろとなるのですが、近年は温暖化などの影響で多少ずれが生じている年もそうです。

momiji2
では、関東近郊のおすすめ紅葉スポットをご紹介します!

第3位:【千葉県】養老渓谷

yourou-momiji
千葉県夷隅郡にある養老川上流の渓谷「養老渓谷」は11月下旬から12月上旬にかけて紅葉が見ごろとなります。房総一の滝として有名な粟又の滝や梅が瀬渓谷、筒森もみじ谷など養老渓谷を中心に紅葉スポットが数多く点在しており、養老渓谷の各駅を始まりとしたハイキングコースまであります。このハイキングコースは1時間から4時間の徒歩旅行が楽しめるとあって人気のスポットとなっています。

第2位:【栃木県】日光・いろは坂

irohazaka-momiji
栃木県北西部にある日光市には東照宮の門前町を中心に栄えた土地です。毎年10月中旬から10月下旬にかけて見ごろとなるのですが、10月8日の時点でほんのりと色付き出したあたりですので今年はやや遅い見ごろとなりそうです。日光で特におすすめ紅葉スポットが日光市街と中禅寺湖及び奥日光を結ぶ全長15.8kmのいろは坂です。48か所に上る急カーブがあることで知られていますが、実は紅葉の絶景ポイントとしても人気が高い道でもあります。標高差があるため、紅葉前線が下へ降りてゆくのがはっきり見えるのが堪りません。通の間で人気の紅葉スポットですので、覚えておくと良いですよ♪

第1位:【群馬県】照葉峡

terihakyou-momiji
群馬県利根郡にある照葉峡は、利根川の支川・木の根沢を遡った場所にあります。この場所は有名な俳人・水原秋櫻子氏が日本一の紅葉と褒め称えた隠れた紅葉スポットです。毎年10月中旬が見ごろとなっており、10月8日の時点では6割の色付きが確認されました。照葉峡付近には、翡翠の滝・鼓の滝・木精の滝など水原氏が命名した滝が11か所あり、天気が良い日は真っ赤に染まった紅葉が清流に映し出され、水原氏が褒め称えた意味が分かります。

いかがでしたか?

関東近郊は他にも那須高原や谷川岳、尾瀬ヶ原など有名な紅葉スポットがたくさんあります。また、なかなか都内から出ることが出来ないという方は、紅葉ではありませんが146本の黄金色の銀杏が作り出す幻想的街道「明治神宮外苑」や徳川家ゆかりの回遊式和泉水庭園として有名な「小石川後楽園」、夜になるとライトアップされてファンタスティックな世界観を持つ「六義園」がおすすめです。

関東近郊にお住いの方は、是非この機会に紅葉狩りへ行き、疲れた心と体をリフレッシュしてみませんか?

【京都編】はこちら