七五三参りの流れと神社選びのポイント!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

七五三参りの神社はどこにいけばいいの?

今年3歳・5歳・7歳を迎えるお子さんがいらっしゃるご家庭の方は、この時期になると七五三参りに備えて着付けや神社選び、写真撮影などいろいろと準備をされるのではないでしょうか。

過去に七五三参りを行っていらっしゃるお父さんやお母さんは七五三参りの流れはご存知かと思いますが、今年初めて七五三参りに行かれるご両親はどのような流れで七五三参りを行えば良いか悩まれているかと思います。

そこで、今年初めて七五三参りに行かれるご両親がスムーズに七五三参りを行うための一連の流れと神社選びのポイントをご紹介したいと思います。

sichigosann1

七五三参り当日の流れ

七五三参り当日の基本的な流れは「着付け・神社へ参拝・写真撮影・祝い膳」となります。

では、着付けから順に七五三参りの流れをご説明していきます。

①着付け

sichigosan2

七五三参りへ行かれる前にお子様の着付け・ヘアメイクを行います。七五三参りを和装で行おうとお考えのご両親の方は、3歳児は髪置・5歳児は袴着・7歳児は帯解と年齢によって服装が異なるためご注意ください。

また、和装を着用して七五三参りへ向かわれる際は着付けを行ってくれる美容院などを利用するもしくは事前に着付けの練習を行い、自宅で行うという2択ありますが、女の子の場合ヘアメイクもあるため、事前に美容室へ予約を入れておく方が無難です。

近年七五三参りを執り行っている一部の神社では、着物レンタル・着付け・ヘアメイクなど全てセットで執り行ってくれるサービスも用意されておりますので、なかなか美容院の予約が取れないという方は活用してみてはいかがでしょうか。

洋装の場合、和装と比べ比較的楽なので、ヘアメイクや髪型のセットに自信のある方は洋装を選択しても問題ありません。

七五三セットをお探しなら→・和 なでしこ

②神社へ参拝

sichigosanboy

着付けとヘアメイクが完了しましたら、神社もしくは写真撮影に向かいます。本来は着付けが終わり次第、神社へ参拝しに行くのですが、丁度この頃はやんちゃ盛りですので、着崩れしてしまう可能性があるため、神社へ向かう前に写真撮影を行う方もいらっしゃいます。

神社へ参拝に向かわれる場合、近所の神社(氏神)または有名な神社へ向かわれるかと思いますが、七五三の祈祷を本殿で執り行ってもらいたい場合、事前に予約を必要とする場合がございますので、事前に神社へ連絡し、確認を取っておきましょう。

もし、当日受付の場合、10月中旬から11月中旬にかけてはたいへん込み合いますので、混雑しない日付と時間帯を神社の方に確認しておくとスムーズに参拝を済ませることが出来ます。

どこの神社で参拝しようかとお悩みならば「七五三神社どっとこむ」という日本各地の神社が掲載されているこちらのサイトをご活用ください。

【七五三神社どっとこむ】はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする