【お歳暮のお礼状】ビジネス上の付き合いの場合の書き方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

oreijyosample

仕事の取引先からお歳暮をいただいたら、きっちりお礼状はお返していますか?

最近では時代の流れなのか、メールやLineで済ませてしまう方も多いと聞きます。ただ、やっぱり、社会人としてお礼状をお返しするのがビジネスマナーです。

ただ、お返しをしたことがなければ、

  • どんな書き方をしたら良いのか?
  • どんな文章を書いたら良いのか?
  • どんな言葉を使えば良いのか?

など、分からないことだらけですよね。

そこで、今回はビジネス上の付き合いの方へのお歳暮のお礼状の書き方についてご紹介します。

お歳暮のお礼状の書き方とは?

お礼状を書き慣れていたら、そんなに難しいことではありませんが、書いたことが無いと「どんな文章を書けば良いの?」となりますよね。

また、字を書くのが苦手という方にとっても、お礼状は辛いものです。

ただ、お礼状は感謝の気持ちを伝えるものなので、パソコンなどで打つよりも自筆で書いたほうが、より相手に伝わりますので出来る限り手書きでいきましょう。

では、まず文章の構成です。

お礼状の文章構成を意識する

  1. 時候や季語での挨拶
  2. お礼の言葉
  3. お歳暮に対しての喜び(会社として)
  4. お相手の会社への気遣いの言葉など
  5. 結びの言葉

このような、文章構成を意識して書いて行くのです。

では、ここからは項目別に細かくご紹介していきます。

1、時候や季語での挨拶

まず、お礼状の始まりは時候や季語を使って書きましょう。

<1月>新春の候/初春の候/厳寒の候など

  • 新春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。
  • 初春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 厳寒の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

<2月>立春の候/梅花の候/向春の候など

  • 立春の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 梅花の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 向春の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。

<3月>早春の候/陽春の候/春暖の候など

  • 早春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
  • 陽春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
  • 春暖の候、皆様風邪など召されずにお過ごしでしょうか。

お歳暮をいただく時期が11月下旬の場合は、「晩秋の候…」から始まる季語を使い、12月に入ってからであれば、「寒冷の候…」などを使うのが良いでしょう。

2、お礼の言葉

時候や季語のあとは、お礼の言葉が続きます。

  • このたびは、お心のこもったお品を頂きましてありがとうございます。
  • 結構なお品をお送り頂きましてありがとうございます。
  • このたびは結構なお品をご恵贈頂きましてありがとうございました。

このような、お礼の言葉を使いましょう。

頂いた相手が、取り引き先の社長からなのか?営業課からなのか?などで、少し言葉を変えてお送りするようにしましょう。

3、お歳暮に対しての喜び

お歳暮で頂いた品に対しての、感想などを添えるととても喜ばれます。

会社ごとのお歳暮となると、雛形のお礼状をお送りするケースが多いのですが、やはり中身を見て、それに対しての感想を添えると喜ばれます。

  • 社員一同で有難く頂戴いたしました。

など、簡単な一言で良いと思います。

4、お相手の会社への気遣いの言葉

結びの言葉の前に、相手の会社への気遣いの言葉を入れましょう。

  • 寒さはこれからが本番でございます。皆様どうぞご自愛くださいませ。
  • 今後とも何卒よろしくご交誼のほどお願い申し上げます。
  • 寒さも厳しくなります折、皆様の一層のご健勝を心からお祈りいたします。

相手への気遣いの言葉は忘れないように書き添えましょう。

5、結びの言葉

最後の結びの言葉となります。

  • 略儀ながら書中をもって御礼申し上げます。
  • まずは略儀ながら書面にてお礼申し上げます。

などの、言葉で良いかと思います。最後は「敬具」「日付」「会社名」「担当名」もお忘れなく!

お歳暮のお返しって必要?

お歳暮のお返しは年賀状とは違って、絶対にお返しをしなくてはいけないというものではありません。

しかし、頂いた以上はきちんと贈ってくださった方や会社へ感謝の気持ちを込めて、品をお返しする必要があります。

ただ、大企業になればなるほど、お歳暮をいただく数がかなり多くなるため、経費もかなり掛かります。

近年では、お歳暮自体贈らないし受け取りもしない会社も多くなってきております。

もし、頂いたけどお返しはしない場合は、お礼状だけでも必ずお送りしましょう。

まとめ

今回はビジネス上の付き合いの方へのお歳暮のお礼状の書き方についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

書き方の構成などもご紹介しましたが、あまり考え過ぎずに、感謝の気持ちを素直に伝えるようにしましょう。

ただ、知らないよりも知っていたほうが、ビジネスマンとしてのレベルもアップできますので、覚えておくと良いでしょう。

また、お歳暮を頂いたら直ぐにお送りするのもポイントです。

あまり、日にちを空けずに、2~3日中にはお送りするようにしましょう。