お歳暮のマナーガイド お歳暮に「NGな品物と相場」は何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お歳暮でどんな品物がNGなの?相場はいくら?

oseibophoto

お歳暮について以前に、お歳暮「社会人なら知ってて当然のマナー」をお伝えしましたが、お歳暮のマナーで最も悩むのが品物と相場です。特に、品物は相手の趣味趣向を事前に知っておかなければならないため、品物選びが難航すると言われています。

まずは、お歳暮の相場からご説明していきます。一般的なお歳暮相場金額は3,000円から5,000円と言われています。その理由は、10,000円を超える品物を贈ってしまうと相手へ負担を強いることになるからです。

また、最悪の場合、受け取ってもらえない場合があるため、あまり高価な品物を贈るのは避けましょう。 一般的には、友人や親戚、兄弟姉妹の場合3,000円・職場の上司など5,000円・特別お世話になっている方など5,000円から10,000円ほどが目安となります。

しかし、お歳暮にかける金額は貴方がどれだけその方からお世話になったかで金額を増減するのがベストなので、上記はあくまで目安として捉えて頂ければいいと思います。 お歳暮の予算が決まったら、次は贈る品物チョイスですが、贈ってはいけない「NG品物」をまとめてみました。

●「死」や「苦」を連想させる品物

日本では4や9といった数字は縁起が悪いと言われています。そのため、櫛などは贈り物として不適切となりますので、絶対に贈るのは避けましょう。

●植物

切り花や鉢植えを贈る方も多いですが、花言葉に精通している女性も多く、不吉な花言葉を持つ植物を贈ってしまうと相手を不快にさせる場合があります。どうしてもお花を贈りたいという場合は花言葉をしっかり調べてから贈るようにしましょう。

●ハンカチ

ハンカチはプレゼントの定番ですが、ハンカチは日本語で「手巾」と言い、別れを意味します。そのため、年配者の方へハンカチを贈ってしまうと不快な思いを与えてしまいかねないため、ハンカチをお歳暮で贈るのは避けましょう。

●食べ物

お歳暮といえば、高価な肉類に冬の味覚たっぷりの魚貝類、有名店のスイーツなど様々な食べ物がおすすめされますが、相手の趣向が分からずに食べ物をチョイスしてしまうと先方も、どのような反応を取って良いか分からず、困らせてしまいます。食べ物を贈る場合は、事前に好きな食べ物の好き嫌いを聞いておくと良いでしょう。

●趣味に合わない雑貨類

こちらも個人の趣味趣向があるため、商品選びがとても難しいです。もしどうしても雑貨類を贈りたいのでしたら、事前に相手の趣味を調べておくもしくは、お取り寄せカタログギフトをお歳暮で贈るのがベストです。

●賞味期限の短い食品

賞味期限の短い食品を贈られると困るというご家庭も多いです。その理由は「子どもが手を離れ夫婦2人きりなので賞味期限までに食べ切ることが出来ない」や「旅行へ行っている最中にお歳暮が届いたため、帰宅してみたら賞味期限が切れていた」など様々な理由が挙げられます。

賞味期限が短い食品などは極力贈らないようにしましょう。 今回はお歳暮に関するマナー「NG品物と相場」についての基本的な部分をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

お歳暮はお相手にいつも感謝の気持ちを贈る、古くから行われてきた日本の風習です。近年はお歳暮を贈る方も少なくなったと言われていますが、この機会に日頃からお世話になっている人に、手紙を添えてお歳暮を送ってみてはいかがでしょうか。