【クリスマスソング】邦楽の定番と言えば?マジでキュンとします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよクリスマスが近づいてきましたね。

街中のあちこちにクリスマスツリーが飾られ、どこからともなくクリスマスソングが聴こえてきますね。

もうすぐ40歳になる私はワクワクというよりか、切なくなってきます(泣)深い意味は無いのですが…。

しかし、私と同じ世代の方も、若いころに聞いていた懐メロが流れていると、昔の楽しかった頃を思い出しませんか?

「うわぁー!懐かしい!」ってなりますよね!

そこで、今回は「邦楽のクリスマスソングの定番と言えば」について、ちょっと調べてまとめてみましたので、今40歳前後の方は、是非一緒に口ずさみましょう。

邦楽のクリスマスソングの定番と言えば?

クリスマス・イブ(山下達郎 1983年)

<動画引用元>https://www.youtube.com/watch?v=7J3KnAPnEh8

やっぱりこの曲!そして、このCM!

覚えてますか?牧瀬里穂さん、可愛かったですよね~

邦楽のクリスマスソングと言えば、真っ先に思い浮かぶのが、山下達郎の『クリスマス・イブ』。

「雨は夜更け過ぎに~♪」 と口ずさんでしまいます!

山下達郎さんの、突き抜けるような独特の歌声と切ない歌詞が、本当に印象的ですし、発売から30年以上経っている今でも色んな所で使われているクリスマスソングですね。

いつかのメリークリスマス(B’z 1992年)

 

<動画引用元>https://www.youtube.com/watch?v=w3qaPb9sQss

この曲もヤバイですよね~

オルゴールからの始まりの瞬間「キュンッ」やね。稲葉さんの声も素敵やし…。

1992年に発売されたアルバム『FRIENDS』に収録されて以来、アレンジバージョンやマスターバージョンがいくつかのアルバムに収録されています。

でも、ベストアルバムに収録する曲を決める時、ファン投票で6位に選ばれていたにも関わらず、シングルカットはされなかったそうですよ。

すてきなホリデイ(竹内まりや 2001年)

「ク~リスマスが今年もやってくる♪」口ずさんじゃいますよね。

この曲を聞くと、ケンタッキーが食べたくなるのは私だけかな?

『すてきなホリデイ』は、最初はアルバム『Bon Appetit!』に収録されていたうちの1曲で、その後2001年に発売された『ノスタルジア』のB面としてシングルカットされています。

竹内まりやさんは、最初にご紹介した名曲『クリスマス・イブ』を歌う山下達郎さんとご夫婦なので、夫婦でクリスマスソングの定番を持っているんですね。

それが理由なのか『すてきなホリデイ』と『クリスマス・イブ』を交互に流しているケンタッキーもあるようです。

メリクリ(BoA 2004年)

もうこの曲は、私の中のクリスマスソングベスト3に入ります!(順位付が難しいっ!)

2004年にau携帯のTVCMソングで大ヒットしたクリスマスにぴったりの曲。

この曲は男性女性を問わず支持があり、女性だと聴いていると好きな人にギュッとされたくなる、男性だと恋人をギュッとしたくなるようなすごく切ないバラード曲ですね。

メリクリは、USバンドのWeezerが日本語バージョンでカヴァーしたり、クリスハートさんがカヴァーしていますよね。

今年のクリスマスも色んなバージョンの「メリクリ」を聴けそうですね。

スターライトパレード(SEKAI NO OWARI 2011年)

最後に、クリスマスの新定番になりそうな曲を1曲ご紹介!

中高生を中心に大人気の、セカオワことSEKAI NO OWARIの「スターライトパレード」です。

原曲はクリスマスの曲ではないのですが、クリスマスをイメージしてアレンジされた、『スターライトパレードcan’t sleep fantasy night version』もあり、クリスマスの新定番になりつつあるようです。

ライブでも盛り上がる、程よいノリの良さのこの曲。自然にリズムを取りたくなるような楽しい曲調なので、比較的若い人が多いパーティなどで流したら、盛り上がること間違いナシですよ。

まとめ

今回は「邦楽のクリスマスソングの定番と言えば」について、私の思い付きで厳選させていただきましたが、いかがでしたか?

邦楽の定番クリスマスソングは他にも良い曲がたくさんありますよね。

皆さんは、クリスマスにはどんな曲を聴きますか?

また、クリスマスの思い出にはどんな曲がありますか?

今年も、素敵なクリスマスソングを聴きながら、恋人や家族と素敵な時間を過ごしてくださいね。

クリスマスに聴きたいJ-POPベスト ’80-’90[CD] の購入はこちら  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする