主婦必見!大掃除でガスレンジ&シンクを簡単に掃除する裏技

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガスレンジ&シンクをピカピカにする裏技をご紹介♪

renji

キッチンは毎日使う場所なので、せっかく大掃除をしてキレイにしても、夕飯の準備や洗いものなどですぐに汚れてしまいます。そのため、キッチンの掃除は意外と手抜きだったりますよね。

ですが、今回は吹き零しや油でギトギトなガスレンジや水垢でみすぼらしくなってしまったシンクをピカピカにする裏ワザをご紹介します。

ガスレンジの大掃除裏ワザ大公開!

キッチンの大掃除で最も大変なのが「ガスレンジ」です。お鍋の吹き零しや炒め物や揚げ物で使用する油でどこのご家庭もベトベト&ギトギトになっていますよね。触るのも嫌になるほど汚れているのではないでしょうか。

ですが、大掃除の機会を逃したら、おそらく来年まで絶対に触れることがないため、この機会にしっかりお手入れして、ピカピカな五徳に生まれ変わらせてあげましょう!

五徳にはホーロー素材とステンレス素材の2種類がありますが、今ご自宅にある五徳はどちらの素材で作られたものかお分かりでしょうか。

ホーロー素材の場合、黒やグレー、茶色などの色彩をしており、ステンレス素材の場合はピカピカ輝いており、見ためがスタイリッシュなデザインをしております。

ステンレス素材の五徳の場合、専用のクリーナーが販売されておりますので、そちらを活用することをオススメします。

では、ホーロー素材の五徳の場合、どのようにお手入れをしたら良いのでしょうか。ホーロー素材の五徳の場合、「漬け置き」と「削り落とす」の2種類の方法で汚れを落とすことになります。

ですが、汚れの種類によって汚れの落とし方が異なりますので、それぞれのお手入れ方法をご紹介したいと思います。

【漬け置きの場合】

tsukeoki-renji

五徳にびっちりこびりついた汚れは、古い油汚れの可能性があります。この古い油汚れを落とすには、漬け置きが一番効率の良い方法です。

漬け置き時間は長ければ長いほど汚れが浮いてきますので、力の弱い女性でもスルンと落とすことができます。

【削り落とす場合】

地層のように積もりに積もった汚れに熱が加わることで完成したしつこい汚れを落とす場合、削り落とすのが一番効果的です。ですが、力を入れ過ぎて五徳を傷付けて破損させる可能性があるので、ご注意下さい。

削る際は、使い古したテレフォンカードなどを使用すると傷付けることなく落とすことができます。ポイントは、汚れに傷を入れることです。表面に傷が入った汚れは洗剤の浸透が促されるので、漬け置きのようにスルンと気持ち良く落とすことができます。

また今では便利な「コゲトール」などの便利グッズなども販売されております。では、五徳のお手入れ方法をご紹介します。

①重曹水を作り、漬け置きます。重曹は大掃除には欠かせない定番アイテムですので、おそらくどのご家庭にもあるかと思います。この重曹を40度のお湯に入れて、しっかり溶かし、汚れの酷い五徳を漬け込みます。削り落とす方は、漬け込む前に汚れの表面に傷を付けておきましょう。

②30分ほど漬け込むと、徐々に汚れが緩んできますので、素材を傷付けないように使い古した歯ブラシなので優しくこすります。

③最後に水で五徳を洗い流せばお掃除完了です。水で洗った五徳は水気をしっかり拭き取ってから元の場所に戻しましょう。

重曹は、他にもガスレンジ周りの汚れがひどい場所にふりかけておき、サッと雑巾で拭きとってから水拭きしたり、換気扇のフィルターを漬け置きして汚れを落とすなどキッチン周りの掃除にたいへん重宝するので、是非この機会に1つ購入しておきましょう。

シンクの大掃除裏ワザ大公開!

sink

シンクは料理に使用する食材を洗ったり、食器や調理器具を洗ったりする場所ですので、常に綺麗にされている主婦の方々も多いのではないでしょうか。

しかし、シンクには見えない茶渋や水垢、カビなどの汚れが付着しているため、大掃除の際は徹底的に掃除してみてはいかがでしょうか。

シンク掃除で最も重要な部分が食材を扱う流し台です。では、流し台のカビや水垢などの汚れを落とす裏ワザをご紹介したいと思います。まず、排水溝の中や周辺に発生するカビを取り除く方法からご紹介します。

①漬け置き用のバケツに塩素系漂白剤を注ぎ、菊割れゴムや排水カバーなどを漬け込みます。

②汚れが緩んできたのを確認したら、使い古した歯ブラシなどを使用して汚れを取り除きます。

③仕上げにしっかりと水洗いし、水気を取り除いたら完了です。

排水溝の部品を漬け込んでいる間にシンクのお掃除を始めましょう!

①シンク内に水うちをし、スポンジにクレームレンザーを乗せます。

②スポンジを一定方向へ動かし、汚れを取り除きます。

③最後に水うちをして、洗剤をしっかり洗い流したら、雑巾で乾拭きして完了です!

シンクの掃除ですが、クレームレンザーなどではなく、お酢を活用して洗浄すれば、除菌効果や消臭効果を得ることも可能です。

また、スプレーボトルにクエン酸水を入れ、シンクにまんべんなくふりかけ、数分間そのまま放置し、スポンジでこするとピカピカになるので、後は布巾などの柔らかい布で乾拭きすれば大掃除の完了です♪

クエン酸水の作り方は、水200cc:クエン酸小さじ1杯の割合で作るだけなので、塩素系の洗剤を避けたいという方はクエン酸水を使ってみてはいかがでしょうか。

jyaguchi

最後に、シンクといえば蛇口も忘れてはいけませんよね!

蛇口を新品のようにピカピカにしたいという方は、使い古した歯ブラシとストッキングを用意し、練り歯磨き粉を付けて磨き上げるだけで、ピッカピカになるので、是非お試しくださいね。

今回はキッチンのお掃除で最も大変なガスコンロとシンクの掃除方法と裏技をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

キッチンは、ほぼ毎日使用する場所ですので、常にキレイにしておくことが理想的ですが、細やかな部分まではなかなか掃除することができません。是非、この機会にガスレンジやシンクの細かい部分まで掃除してみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする