年越しそばの由来とは?また年越しそばを食べるベストタイミングは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

toshikoshisoba

今年もあと少しで終わりますね(悲)

12月31日は、家で紅白を見ながら「年越しそば」でも食べようと思っている私。

あっ、「年越しそば」ってどんな具を入れて食べますか?

これはおすすめという具があれば教えてください!

ちなみに私は、海老天やかき揚げが乗った「天ぷらそば」が毎年恒例です。

そんな「年越しそば」ですが、由来ってご存知でしたか?

私も気になったので、調べてみました。私と同じように気になった方は、是非読んでみてくださいね!

「年越しそば」の由来とは?

では、早速ご紹介していきます。

大晦日の12月31日に食べる蕎麦を「年越しそば」と言い、江戸時代ごろに定着した食文化の1つなのです。

そんな年越しそばが初めて食べられるようになったのは鎌倉時代だと言われています。

■年越しそばの由来

鎌倉時代に福岡県のお寺に、年を越すことができるかできないか分からないほど貧しい人達集まって来ていたそうで、そんな彼らを見た住職が、そば餅(世直しそば)を振る舞ったそうです。

すると、そのそば餅を食べた貧しい人達のの運気がどんどん上がっていきました。

それ以来、そば餅を食べると新しい年に良いことが起こると言われるようになり、毎年大晦日にそばを食べる風習が誕生したのです。

蕎麦というのは、長く伸ばして、細く切って食べるため、「健康長寿」や「家運長命」、「金運アップ」などといった縁起があるとされている一方、新たな年を迎える前に食べることで、その年の縁を全て断ち切るという意味もあるそう。

また「年越しそば」は、各地域によって特徴があり、北海道では「にしん蕎麦」、沖縄県では「沖縄そば」など色んなバリエーションの年越しそばがあるのです。

そばアレルギーで年越しそばが食べられない場合は?

縁起物の年越しそばですが、そばアレルギーを持っているため、食べることができないという方もいらっしゃるかと思います。

「安心ください!大丈夫ですよ!」

と、安村さん風に言ってみました(笑)

年越しそばは、絶対「そば」じゃないと駄目ということではないのです。例えば、年越しそばをうどんに替えて、年越しうどんにすると「太くてコシがありますように」という縁起の良い食べ物になるんです。

うどんの聖地と呼ばれる香川県などでは、そばではなく、うどんを食べる方も大勢いらっしゃるので、そばにこだわる必要はございません。

また、年越しラーメンや年越しパスタなど斬新な年越しメニューも続々誕生しておりますので、そばアレルギーの方も安心して年越し料理を味わうことができます。

まとめ

今回は私が気になった大晦日に年越しそばを食べる理由をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

「年越しそば」は新しい年に向けて良い1年でありますようにと言う願いを込めて食べるためのものです。そのため、出来れば年を越す前に食べ終えた方が良いのですが、地域によっては新しい年を迎えた際に食べるものとして扱われる場合もありますので、必ず12月31日に食べなければならないというわけではありません。

今年の大晦日は是非、年越しそば、年越しうどんを食べて、清々しい気持ちで新しい年をお迎えしてみてはいかがでしょうか。