知っておきたいインフルエンザ予防接種の時期!子供と大人で違うの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年大流行するインフルエンザ

特に、小さなお子さんや高齢の方が罹ってしまうと重症化する恐れがあるので、何とか感染を防ぎたいもの。

そこで、重症化しないためにもインフルエンザ予防接種を受けておくことがとても重要なのですが、実は子供と大人で予防接種を受ける時期って違うのです!

今回は、そんなインフルエンザ予防接種を受ける時期について、そして子供と大人の時期がどう違うのかについてご紹介させていただきます。

インフルエンザ予防接種を受ける時期はいつ?

まずは、一般的な大人のインフルエンザ予防接種の時期について知っておきましょう。

インフルエンザは、毎年寒くなる11月中旬から流行りだして12月にピークを迎えます。

で、ここがポイントなのですが、

インフルエンザの予防接種は受けてから数時間後や数日後に効果が出るのではなく、効果が出始めるまでに2週間かかるのです。

ですから、インフルエンザがピークを迎える12月に効果を出させるためには、

  • 約2週間前の11月中旬

までに受けておく必要があるのです。

11月中旬までに予防接種を受けておくことで、そこから「約5ヶ月間(4月中旬頃まで)」効果が持続しますので、感染しにくく、また感染しても重症化を防ぐことができるのです。

ピーク(12月~3月)を迎えてからや、家族や職場の方がインフルエンザに感染してからでは遅いので、早めに接種するようにしましょう。

■インフルエンザ予防接種の予約開始について

毎年10月初旬から、病院やクリニックなどでは予防接種の予約受付が始まり、10月中旬から接種が可能となります。ただ、各医療機関によって予約開始日や接種開始日が異なりますので、詳しくは近くの病院やクリニックに問い合わせてみてください。

ここまでは、一般的な大人の方のインフルエンザ予防接種の時期についてお話してきましたが、次に子供の接種時期を見ていきましょう。

子供の予防接種の時期はいつ?

では、子供(生後6か月以上12歳以下)の場合はいつ受ければよいのでしょうか。

実は子供の場合は、

  • 10月中旬~10月末

となります。

大人より約1ヶ月早くなるのです。

その理由は、子供(生後6か月以上12歳以下)の場合、インフルエンザ予防接種が2回必要だからです。

そして効果が出始めるのは、2回目の接種を受けてから約2週間後となります。

また、1回目と2回目の接種間隔を、2~4週間空けなければならないということもありますので、大人より約1ヶ月早い10月中旬から10月末となるのです。

ですから、1回目の接種を大人と同様に11月中旬に受けてしまうと、2回目は2~3週間後の12月初旬~中旬となってしまい、そこから2週間後に効果が出ると考えると時期としては遅いわけです。

■特に中学受験をするお子さんがいらっしゃる場合

毎年2月にほとんどの学校が中学受験を実施されます。ですから、予防接種の時期が遅くなると受験時期にインフルエンザに罹ってしまう可能性もありますので、受験日時を逆算して予防接種を受けておくようにしましょう。

また、近年ワクチンが足りないといった病院やクリニックも多く、いざ受けようと思っても受けれないケースも多発していますので、早めに予約しておくことをおすすめします!

インフルエンザ予防接種って本当に必要?

もしかしたら「そもそもインフルエンザ予防接種って本当に必要なの?」とこのような理由で思っているかも知れません。

  • インフルエンザにかかったことがない
  • 今までに予防接種を受けたことがない
  • 病院へ行く時間がない
  • 予防接種代が高い

どうでしょうか。

もちろん予防接種はあくまでも予防なので、受けたからといってインフルエンザに「絶対罹らない」という訳ではありません。

予防接種以外にも、手洗い・うがいやマスク着用などの予防は必要です。

ただ、感染を防いでくれたり、感染した際の重症化を防いでくれるのも事実です。ですから、私は個人の意識の問題だと思うのです。

自分の周りに、免疫力のない赤ちゃんや免疫力が低下している高齢の方がいらっしゃって、「もし移してしまったら…」と考えるかどうかだと思うんですね。

重症化すると、最悪死に至るケースもありますので、特に小さなお子さんや、おじいちゃんおばあちゃんが身近にいるという方は、注意しなければいけないと思うのです。

ですから、本当に必要かどうか?と言われると、最終的な判断は個人の問題となりますが、私個人的には「必要!」だと思うのです。

ここで、少し面白いアンケート調査があったのでご紹介しておきます。

これは、2014年と少し前のインフルエンザ予防接種についてのアンケート調査なのですが、

「毎年受けている」 約20~30%
「今までに受けたことはある」 約20%
「まったく受けたことがない」 約50%

と、なっていました。約半数の人が「まったく受けたことがない!」という結果になっており、正直ビックリでしたビェ─・゚・(。>д<。)・゚・─ン!

私は、家族に小さい子供がいるので毎年受けていますが、こんなにも受けたことがない人がいるのが現実なんですね…。

そして「まったく受けたことがない!」という人の理由が、

  • 「今までインフルエンザに罹ったことがない」
  • 「料金が高いから」
  • 「病院に行くのが面倒臭い」

という理由だそうです。

たしかに病院へ行くのは面倒臭いし、行っても待ち時間が長いし、結構な金額も取られるので出来れば受けたくないですよね!

でも、大切な人や自分の子供が重症化してしまうことを考えるとやっぱり予防接種は受けておくべきだと思うのです。(あくまでも、私個人の意見ですが…)

まとめ

今回は、インフルエンザ予防接種を受ける時期について、そして子供と大人の時期はどう違うのかについてご紹介させていただきましたがいかがでしたか?

ご紹介したように大人(13歳以上)の場合は11月中旬、子供(生後6か月以上~12歳以下)の場合は1回目は10月中旬~10月末、2回目は11月中旬に接種するのが望ましいのです。

特に子供の場合は、1回目と2回目の間隔を2~3週間空けないといけない事と、2回目の接種から効果が出るまでに約2週間かかるということもありますので、早めに受けておく方がいいのです。

また、近年ワクチン不足が社会問題になっているということも踏まえると、早めに予約をし予防接種を受けておいたほうがいいかと思います。

もちろんお子さんの接種だけじゃなく、毎日電車通勤をしている方や仕事で人と接することが多い方なども、感染しやすいので面倒臭がらずに、接種するようにしましょう。


<こんな記事も読まれています>

・インフルエンザの薬は副作用があるって本当?そんなに危険!?

・インフルエンザの潜伏期間と症状の違いとは?型別で徹底分析してみた

・インフルエンザa型の症状の特徴とは?完治するまでの期間は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする