アメリカのバレンタインの風習とは?日本との違いをご紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのバレンタインって日本と違うのをご存知でしたか。

日本の場合は、女性から男性へチョコやお菓子などを渡して想いを伝えたりするのが一般的ですよね。

最近は、少し風習も変わりつつあり、友達同士の「友チョコ」や家族への「ファミチョコ」などと言った新しいバレンタインの風習も誕生しつつありますが…。

男の私としては、少し残念な気もしますが(泣)

今回は、海外のバレンタインに目を向けてアメリカのバレンタインの風習についてご紹介したいと思います。日本とどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

アメリカのバレンタインの風習とは?

日本のバレンタインは、女性が男性にチョコやお菓子などを贈るのが一般的ですが、アメリカの風習はというと、その逆で男性から女性へ花束とメッセージカードを贈るのが一般的となっています。

もちろん、アメリカでもチョコやお菓子などを贈ることもあるのですが、あくまでも男性から女性へというのが前提です。

しかし、大人の場合だとほとんどの男性が食事に連れて行ったり、指輪などのジュエリーをプレゼントするのです。

そして、大きく違うのはアメリカのバレンタインには義理チョコという風習もないのです。

一体、どんな相手にプレゼントするの?

ここまでで、アメリカのバレンタインは男性から女性へのイベントというのがお分かりいただけたかと思いますが、一体どんな相手へプレゼントするのでしょうか。

実は、アメリカでは日本のように不特定多数の人にプレゼントするという風習もなく、妻や恋人など特定の人にプレゼントを贈るのが常識なのです。

それ以外には「子供がお母さんへ」や、「いつもお世話になっている人」にプレゼントしたりもします。

ですから、アメリカの場合は、男性が大切な人やお世話になっている人に「いつもありがとう!」と感謝を伝えたり、愛する妻や彼女に想いを伝えるイベントなのです。

アメリカではどんな物をプレゼントをするの?

次に、アメリカのバレンタインではどんな物をプレゼントするのかを見ていきましょう。

日本では、チョコやお菓子をプレゼントすることが多いのですが、アメリカのバレンタインでは次のようなプレゼントを贈ることが多いのです。

  • 赤いバラ
  • メッセージカード
  • ぬいぐるみ
  • 風船
  • ジュエリー(指輪・ネックレス)
  • チョコレート
  • お菓子

このように、プレゼントも様々。日本と同様に、チョコやお菓子もありますが、殆どの男性が赤いバラやジュエリーなどをプレゼントします。

それ以外にも、風船やぬいぐるみというのもあるんですね!

やっぱり本命の相手へのプレゼントなので、しっかりお金もかけて用意するのでしょう。ちなみに、プロポーズをする人も結構多いそうですよ。

アメリカのバレンタインの過ごし方

次に、バレンタインの過ごし方も見ていきましょう。

日本では、バレンタインの日にチョコレートを渡したら終わりというシンプルなパターンが多いですよね。

アメリカのバレンタインの過ごし方はひと味違います!

一例を挙げてみますと、

  • 演劇やショーなどを見に行く→その後、レストランで食事→そこでプレゼントを渡す

などです。日本でいう記念日デートのような感じと思っていただければ分かりやすいと思います。とっても豪華ですよね。

そんなこともあり、ニューヨークの方ではバレンタインの時期になるとレストランの予約争奪戦が始まるそうです。

それぐらい大切な日ということなのです。

その他にも、学校行事の一環としてバレンタインのプレゼント交換が行われたり、先生へ感謝の手紙(メッセージカード)を渡したりする学校もあるそうですよ。

まとめ

今回はアメリカのバレンタインの風習についてご紹介させて頂きましたがいかがでしたか。

アメリカのバレンタインは日本とは真逆で男性が女性へプレゼントするんですね。

しかも、義理チョコという文化もなく愛する妻や彼女、お世話になっている方への感謝を伝えるためのイベントだったのです。

女性の方はちょっと羨ましいなぁ…と思ってしまいますよね。

ただ、日本は古くからおもてなしや心遣いの文化があり、本命の男性だけではなく日頃お世話になっている男性にもプレゼントしますよね。

出費が嵩むのは大変ですが、それが日本の素晴らしさでもあると思うので、そこは少し我慢してホワイトデーのお返しを期待しましょう(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする