花粉症におすすめのマスク!女性に大人気のおしゃれマスクをご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

mask

春に近づくにつれて暖かくなるのは、とっても嬉しいのですが、今度は嫌な「花粉症」の季節(´;ω;`)

私も、毎年目は痒くなるしクシャミは止まらないし鼻は詰まって寝苦しいしで悩まされます(泣)

今では、日本の花粉症人口が約2000万人と言われていますので、5人に1人が花粉症に悩まされているのです。

そんな花粉症の方の必須アイテムと言えば「マスク」。

でも、耳が痛くなったり、すぐにズレたりするマスクもありますし、女性だと化粧がとれたりするので、付けるのが嫌な方もいらっしゃいます。

そこで、花粉症対策で女性に人気のおしゃれマスクをご紹介させていただきます。

人気のおしゃれマスクをご紹介

マスクって長いこと付けていると、息苦しいし、耳が痛くなったりするし、外したくなりませんか?

その上、女性の場合だと、お化粧はとれるし、見た目も良くないしで、マスクを付けるのが嫌な方も結構いらっしゃいます。

そこで、最近ではおしゃれにつけれるマスクかわいいマスク手入れ次第で半永久的に使える地球に優しいマスクなどが、続々と販売されています。

では、早速人気のマスクには、どんなものがあるのかを見ていきましょう。

京都 くろちく

 

小紋や市松などの和柄を現代チックにアレンジした、可愛らしいマスクで女性に大人気♪

立体構造のマスク本体には不織布が入っており、花粉を99.9%ブロックすることができます。

柔らかいガーゼを使用しているので肌触りも良く、長時間使用しても耳が痛くなりにくいのも魅力的です。

マカロンレースマスク

 

マカロンカラーのレースが付いた女の子に大人気のおしゃれマスク♪

裏面には、今治産タオル地を使用しているので、ふんわりしていて肌触りも心地良く、通気性も良く湿気もこもらない!

また、洗って何度でも使えるので、地球にも優しいし、友達同士で付けたりプレゼントとしても大人気。

touta.

toutamask

廃材のコットン生地を再利用して作られた地球にも人にも優しい「touta.」(トュータ)のマスク♪

オーガニックコットン100%使用しており、立体構造のため、縫い目が肌に触れず、ダメージを受ける心配はありません。

「Touta.」のマスクは洗うことで柔らかさが増して行くので、敏感肌の方でも安心して使用できますよ!

>>>「Touta.」の肌に優しいパッチワーク布マスクはこちらから

マスクを付けることで効果はあるの?

マスクを付けることで花粉をブロックできる効果って本当にあるのでしょうか。

付けても効果がなければ意味ないですもんね!

これは、メーカーによって違いはあるそうですが、どんなマスクでも「効果はある」とのことです。

スギ花粉のサイズは、20μmから40μmで、0.1μmのインフルエンザウィルスよりもかなり大きいので、花粉症やインフルエンザなどの感染予防用のマスクであれば、花粉をブロックすることが出来るそうです。

ただ、100%ではないのですし、目などを隠せるわけではないので、完全ブロックというわけには行きませんが、付けないよりは確実に効果はあるのです。

また、マスクと顔の間に隙間があいていたり、付けたり外したりを頻回にしていると効果も落ちてしまいます。

隙間があると花粉予防効果は15%ほどしか得ることができないそうなので、しっかりと密着させて装着しましょう。

花粉症はいつごろから始まる?

2月~4月にかけて最も飛散するスギ花粉が原因で発症する「花粉症」は、1961年に初めて花粉症患者が発見されたそうです。

そこから、爆発的に患者数が増え、今では国民病の1つとして数えられています。

また、近年では2~4月だけでなく、5月以降も花粉症を発症している方が増加しています。

花粉症の主な症状といえば、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなど色んなアレルギー症状が挙げられますが、ひどくなると倦怠感や頭痛などの症状も引き起こす可能性があるので、マスクを付けて、しっかりと花粉対策をしましょう。

まとめ

今回は、花粉症対策で女性に人気のおしゃれマスクをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしたか。

マスクを付けると息苦しいし、見た目やお化粧が気になる方も多いと思いますので、このようなおしゃれマスクで花粉症対策をしてみてはいかがですか。

最近では、年間通して花粉症という方も増えており、ますますマスクが重要になってきています。

マスクをきっちり装着すれば、花粉の進入をかなり防げて効果もありますので、ずらして付けたり、取ったり外したりを頻回にしないようにしましょう。

またマスク以外にも、「花粉症対策グッズ」などもありますが、お値段も結構しますので、まずはマスクでしっかり対策しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする