七夕の由来を保育園児に分かりやすく教えるには?大事なポイント!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園で園児たちに七夕を分かりやすく教えるには、どうしたら一番理解してもらいやすいでしょうか?

出来れば小さい子にもわかりやすいように、難しい言葉を使わずに簡単に説明できたらいいですよね。

そこで、今回は保育園児に七夕の由来を分かりやすく教える際のポイントを紹介します。

七夕の由来を簡単に教えるポイントはココ!

七夕と言えば、笹に願いを書いた短冊を吊るして、天の川を眺めるというのが最もポピュラーな過ごし方ですよね。

ということで、この笹に願いの書いた短冊を吊るすことと、七夕では天の川が見られるということを主に子供たちに伝えましょう。

そして、忘れてはいけなのが織姫と彦星のこと。

七夕には、この二人が年に1度だけ会えるということも、子供たちに教えてあげるといいですね。

では、笹の葉に短冊を吊るすこと、そして織姫と彦星のことと天の川のことについて、子供たちにもわかりやすい説明の仕方を紹介します。

笹の葉と短冊について

笹は空に向かって高く伸びるため、この枝に願いを書いた短冊を吊るすことで、天の神様にお願いごとを届けるようにするのです。

そこで、園児たちには、『お空に向かって伸びていく笹に、お願いごとを書いた短冊っていう紙を吊るすと、天の神様に願いが届くんだよ。』と説明しましょう。

あと、願い事によって短冊の色も関係してきますので、この記事も参考にしてみて下さい。

七夕の願い事の由来にはこんな意味があった!短冊の色にも意味があるの?】

織姫と彦星、そして天の川について

知らない人もいると思うので、ここで改めて、織姫と彦星の関係性についておさらいしておきましょう。

織姫は機織りの仕事をしている天の神のお姫様で、彦星は牛の世話をしている働き者でした。

ところが、二人は夫婦になると遊んでばかりいるようになり、他の神様たちが困ってしまったので、織姫のお父さんである天の神は、天の川を作り、二人を引き離してしまったんです。

でも、悲しみのあまり泣いてばかりいる織姫を哀れに思った天の神は、真面目に働いたら7月7日の年に1度だけ、天の川越しに彦星と会わせてあげるようにしました。

一応、織姫と彦星の話については諸説ありますが、以上の内容が最も有名なので、園児たちに話すと良いですね。

たとえば、『織姫と彦星は仲のいい夫婦だったんだけれど、ずっと遊んでばかりいて仕事をしなくなってしまったため、織姫のお父さんが二人を天の川で離しちゃいました。』と園児たちにお話ししていきましょう。

そして『でも織姫が悲しんでしまったので、織姫のお父さんはちゃんと仕事をするのなら、年に1回だけ会わせてあげると、と約束して、七夕の夜にだけ、織姫と彦星は会えるようになったんだよ』と説明していくといいですね。

ついでに、『みんなもちゃんとパパママの言うことを聞いたり、お片付けとかお約束をちゃんと守らないと、大好きな人と会えなくなってしまうからきちんと約束は守ろうね』と言うと、園児たちへの教育にもなるかと思います。

七夕の由来をペープサートを使って伝えよう!

七夕の由来は織姫と彦星、そして、織り姫の父親である天の神のペープサートを使って、園児たちに人形劇として説明すると、とっても子供たちも理解しやすいでしょう。

ペープサートを使って七夕を子供たちに説明するのでしたら、ぜひ下記のURLのサイトを参考にして、イラストを考えたり、話の流れを把握しておいてください!

→ https://hoikushi-worker.com/column/column_1/

確かにこれなら小さい子でもわかりやすいですね。

登場人物としては織姫と彦星、そして天の神のみですが、機織り機や牛、そして天の川のペープサートもあると、より園児たちもイメージがつきやすいので、ぜひ七夕人形劇をやってみてくださいね。

まとめ

今回は、七夕の由来を園児たちに分かりやすく説明するポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

大人になると、七夕って毎年なんとなく過ごしているけど、こんなにも奥深い意味のある行事だったんですね。

なぜ笹に願い事を書いた短冊を吊るすのか、そして織姫と彦星と天の川のお話。

どのように説明すれば分かりやすいか、またどのように話をすれば理解してもらえるか、イメージは湧きましたか。

ペープサートを作って人形劇をすれば、園児たちでも七夕の由来が更に分かりやすくなると思いますので、是非やってみてくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする