太もものセルライトは除去できるの?自宅で簡単にできる方法はコレ!

太ももTOP

30代にもなると、普段から体を動かしたり運動することもほとんど無くなり、太もも周りにお肉がつき、ボコボコとセルライトが出現してきますよね。

さらに酷くなると、太ももだけでなくお尻やふくらはぎにもどんどんが出てきます。

今回は、そんなセルライトを「自宅で簡単にできる太もものセルライトを除去する方法」をご紹介します。

と、その前にまずは何故セルライトができるのかを知っておきましょう。

セルライトができる原因とは?

そもそも、何故セルライトができるのか?
その原因を知っておきましょう。セルライト2

<引用元画像>http://www.u-sakura.com/body_flushdiet.html

セルライトは、上図のように皮膚の最下層 (皮下組織)と筋肉との境にある層状に蓄えられる皮下脂肪のひとつなのです。

その皮下脂肪が体内に蓄積され、長期間ほったらかしにしてしまうと、脂肪や水分、老廃物などをスポンジのようにどんどん吸収し、脂肪細胞が徐々に肥大化して行きます。

その肥大化した脂肪細胞同士が塊となり、さらに水分、老廃物などが絡み合い、凝り固まってしまい「セルライト」となるのです。

日頃から、体を動かしたり運動していればセルライトも出来にくいのですが、もう何年も運動をしていない状態だと、脂肪細胞も肥大化してボコボコしているはず…。

では、ここから早速セルライトを自宅で簡単に除去する方法をお伝えしていきますね。

セルライトを除去する方法!

セルライトは、冷えやすい太ももやお尻、おなかや二の腕などに出来やすく、ひどくなると、落とすことがとても難しいのです。

ですから、1日2日やったからと言って取れるものでもありません。まずは、以下でご紹介している方法を毎日コツコツ継続して行けるよう心掛けましょう。

手でマッサージしながら除去する

①まずは、両手の親指を使って、足の裏をグッグッと押し、緊張をほぐして血行を良くしていきます。

足裏マッサージ

②つぎに、つま先から太ももへ向けて、下から上へとセルライトの粒を潰すイメージでマッサージして行きます(手の親指で押すのがしんどい場合は、先が丸くなった棒などでもOKです。あまり強く押しすぎないように!)

マッサージ2

※必ず下から上にマッサージしましょう!特に気になる部分を集中的に行うこと。

◆ポイント◆

ふくらはぎには、下半身の血液を心臓へ戻すポンプの役割があるので、ふくらはぎを入念に揉み解すことで、上半身へと血液が運ばれ、肩こり改善などにも効果を発揮します。

また、太ももの外側をほぐすことで腰痛が改善されたり、中央部分をほぐすと膝や股関節の改善を行うこともできます。また内ももを押した際に痛みが生じる場合、内臓が冷えている可能性もありますので、冷たい飲み物や生野菜などの摂り過ぎに注意しましょう。

また、肌が乾燥しているときに強くマッサージをしてしまうと、皮膚が傷付いてしまうので、オイルやクリームなどを使って皮膚を保護しながら行うのがおすすめです。

リンパマッサージをする

足全体のセルライトを揉みほぐしたら、最後はリンパマッサージ。

①マッサージと同じように足の裏を両手の親指で軽めに15~20秒ずつ押す。

足裏マッサージ

②次に、足の甲側も両手で軽めに15~20秒ずつ押す。

足の甲

③ふくらはぎのリンパマッサージを軽めに15~20秒ずつ行う。(強く押さずに、さするように行いましょう)

ふくらはぎ

④膝周りを軽く、15~20秒ずつマッサージする。

膝

このように、マッサージのあとにリンパマッサージをすることが、とても重要なのです。

ただ、強く押してしまうと、流れを悪化させてしまう恐れがありますので、必ず優しく撫でるように行いましょう。


ここまで、セルライトを除去する方法(マッサージ、リンパマッサージ)についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

太もものセルライトを除去する際でも必ず「足の裏⇒ふくらはぎ⇒太もも⇒お尻」と順番に行い、リンパマッサージに関しても、同じように「足の裏⇒足の甲⇒くるぶし⇒足首⇒ふくらはぎ⇒膝」と行いましょう。

その他の方法では、お風呂に入る際、セルライトが気になる部分にサランラップを巻き、その上からゆっくりマッサージを行うことで老廃物の排出を促すことができますので、一度試してみてください。

セルライトがあるのかチェックしてみよう!

では、まずはご自分の身体にセルライトがあるのかどうかをチェックしていきましょう。

【セルライトチェック!】

☑ 足がよくむくみ、冷え性である

☑ 傷やアザが治りにくい

☑ 軽くぶつけただけなのに内出血やアザがすぐ出来てしまう

☑ 皮膚の表面に色むらがある

☑ 皮膚の表面をつまむと、厚みがあって、柔らかい

☑ 手で皮膚を押さえると、凸凹した部分が見られる

☑ 皮膚をつままなくても、皮膚の表面がボコボコしている

☑ お肌のハリ艶が無く、常に乾燥気味

☑ 皮膚の表面が、波打つようにボコボコしている

☑ 皮膚を触るとひんやりと冷たい

上記のチェック項目で1つでも当てはまったあなたは、セルライトを隠し持っている可能性がありますので、先程ご紹介したマッサージを試してみて下さいね。

まとめ

今回はセルライトが気になるという方のために「太もものセルライトを除去する方法」をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

毎日体を動かしたり、運動ができればいいのですが、仕事や家事で忙しくなかなかできないという方も多いと思いますので、お風呂の中やお風呂後の10分だけでいいので先程ご紹介したマッサージをやってみてください。

あと、むくみやすい方は、先に40~42度ほどの温かいお風呂に10分ほど浸かり、基礎代謝をアップさせてからやるのがおすすめです。

結構セルライトがある方は、棒状のものを使ったり、旦那さんや彼氏さんなど男性の力でマッサージをしてもらってください。

ただ、あまり力任せに押してしまうと、筋肉に傷が付いたり揉み返しになってしまうので、最初は気持ち良い程度の力で押してもらうように注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする