失業保険をもらいながらバイトしたらダメ?ばれたら減額?制限などを解説

photoBさんによる写真ACからの写真

失業保険は、会社都合の退職の場合すぐに給付が始まりますが、自己都合での退職の場合、給付開始までに約3ヶ月かかります。となると、ほとんどの人が自己都合での退職でしょうから、約3ヶ月の間、無収入となってしまいます。

退職金が多少でもあれば、乗り切れると思いますが、大半の方はその間の生活費が大変。

そこで、少しでも生活費を稼ごうアルバイトを考える方も多いことでしょう。

ただ、バイトをしていることがハローワークにばれてしまうと失業保険のお金がもらえないという話も聞きますよね。

今回は、そんな失業保険に関しての疑問にお答えしていきます。実際、失業保険をもらいながらバイトしたらダメなのか?についてやバイトをするにしてもどんな条件や制限があるのかについて詳しく解説していきます。

お金がもらえるまでの間、バイトを考えている方は、是非読み進めて「もらえない!」ということが無い様にして下さいね。

失業保険をもらいながらバイトしたらダメなの?

失業保険をもらいながら、バイトしたらダメなの?

まずは、この問題について。

私自身も失業した際、ハローワークでバイトをしてもよいのか心配だったので質問しました。

実際には、失業保険の受給時でも、
「バイトはしてもよい」
のです。

ただし、いくつかの条件や決まりがあるので、順番に見ていきましょう。

バイトしたらダメな期間がある!

まず、バイトしたらダメな期間があります。

①7日間の待機期間中は✕

失業保険を申請して最初の7日間は”待期期間”といって実際に失業中か否かの調査期間になるので仕事をしてはいけません。

その期間中はバイトが禁止されています。もし発覚すると、待期期間の延長や不正受給とみなされる場合がありますので、この期間はバイトをしないようにしましょう。

バイトをしてもよい期間!

①3か月の給付制限期間中

自己都合退職の場合、実際に給付されるまでの給付制限期間が3か月あります。(退職理由によっては自己都合でも給付制限がない場合もあります。要確認)

待期期間も合わせると約4か月間収入がゼロになってしまいます。この期間にバイトをしてはいけないと思っている方もいらっしゃいますが、実際は給付制限期間中でもバイトは可能です。

ただし、就業日数、就業時間によっては失業ではないとみなされてしまい、失業保険が認められなくなる可能性もありますので、バイトをする前にハローワークできちんと相談しましょう。

②失業保険受給中

さすがに受給が始まったらバイトはダメでしょ?と思っている人も多いとは思います。

実は、受給中でもバイトは可能です!

ただし、受給中に関しても時間や頻度に制限がありますので、次で詳しく解説していきます。

失業保険をもらいながらバイトをする時の条件や制限は?

前の項目で7日間の待機期間中以外では、バイトをすることが可能であることをご紹介してきました。

ここから失業保険をもらいながらバイトをする際の条件や制限などについて解説していきます。

バイトが可能な就業日数、就業時間

1つ目は、バイトが可能な就業日数と就業時間です。

こちらは目安として「月14日未満、週労働時間20時間未満」となっています。

週20時間なので、1日が8時間労働の場合週2日が目安です。ただし、あくまでも目安なので具体的な内容はハローワーク次第です。

就業前に必ず窓口でよく相談しましょう。(ちなみに私が相談した時も、同じ条件の説明受けました)

バイトした日の分は、先送りされて受給できる

2つ目は、失業保険期間中にバイトをした場合、バイトをした日数、就業時間をハローワークに申請しなければならないことです。

就業日は支給対象外となり、就業分を差し引いた額が失業保険として支給されます。ただ、バイトした分が貰えなくなるわけではなく、先送りになるだけです。

実際にもらえる支給額は変わらないのです。

(例)

  1. ある月に10日働いたとします
  2. 受け取れる支給額は10日分減る
  3. その10日分は支給日として残り、後から支給される

このように、期間中にバイトをしても受給できるのです。ただ、いくら後に回せるといっても受給期間が過ぎてしまうともらえなくなりますので、しっかり期間も確認しながらバイトをするようにしましょう。

失業保険の受給中にバイトしていることがばれると減額になるの?

失業保険の受給中にバイトしていることがばれた場合、給付金が減額されたり、支給が先送りされたりするケースがあります。

減額になるかどうかは、失業保険とバイトの収入金額によって決まります。どのような場合に減額になるのかを見ていきましょう。

  1. 失業保険の日額+1日分のバイト収入(バイトなどによる1日分の収入金額-控除額)
  2. 前職での賃金日額×80%

(a)が(b)よりも多い場合、差額が減額されます。また、1日分のバイト収入が(b)よりも多い場合は、支給なしとなりますので注意しましょう。

【減額されるケースの例】

  • 収入の合計額が前職の賃金日額80%を超えた場合

例えば、前職の賃金日額が10,000円だった場合、失業保険の日額と1日分のバイト収入が、8,000円(80%)を超過した場合に減額となります。

  • 1日の勤務時間が4時間未満の場合

また、1日の勤務時間が4時間未満のバイトの場合も、失業保険の減額対象になる可能性があります。逆に、1日4時間以上働いた場合、受給が先送りとなってしまいます。

後日全額受け取ることはできますが、失業保険の受給期間は、原則離職した日の翌日から1年間ですので、短期バイトを繰り返してしまうと1年以上先送りになり、結果的に失業保険を受け取れないと場合もありますので、十分注意しましょう。

まとめ

今回は、失業保険をもらいながらバイトしたらダメなのか?についてやバイトをするにしてもどんな条件や制限があるのかについてご紹介させていただきましたがいかがでしたか。

バイトをしても失業保険はもらえますが、条件や制限などがあります。

「ばれないだろう」と隠してバイトをするよりか、きっちりハローワークに相談し、どんな条件だったら、ちゃんと受給できるのかを相談してからするようにしましょう。

また、減額の対象になるケースもありますし、最悪の場合不正受給とみなされ、返還命令や納付命令などになるケースもありますので、十分に確認しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする