【女子必見!】授業中にお腹が鳴る時の4つの対処法!これで恥ずかしい思いをしなくて済む!

授業中にお腹が「ぐぅぅ~」と鳴って、恥ずかしい思いをしたことってありますよね。

特に、思春期の女子となれば、男子もいるので、本当に恥ずかしいですよね。

しかも「これ以上鳴らないで~!」と思えば思うほど「ぐぅぅ~」「きゅるきゅる〜」と連発。

そんな、恥ずかしい思いを少しでも防げるように、授業中やシーンとした状況でお腹が鳴らないようにする対処法をご紹介させていただきます。

授業中にお腹が鳴ったときにおすすめの4つの対処法!

では、早速対処法を見ていきましょう。

腹筋(下腹部)に力を入れる

お腹が鳴ってしまったとき、簡単にできる対処法。トイレでお腹に力を入れるようなイメージで、グッとお腹(下腹部)に力を入れます。

この時、意識するのは腹筋のようにお腹の中心部ではなく、ちょっと下の方(下腹部)です。

少し難しい話をすると、人間には自律神経というものがあって、その自律神経には交感神経と副交感神経というものがあります。

交感神経は集中している時に優位に働き、副交感神経はリラックスしている時に優位に働きます。

例えば、部活中など何かに集中している時は、お腹が鳴ることってほとんど無いですよね。この時は交感神経が優位に働いているのです。

逆にお腹が鳴る時って、ボーとしている時や、リラックスしている時が多くないですか。

なので、授業中など集中力が切れてしまっている時に、副交感神経が優位に働いていて、お腹が鳴りやすいのです。

意識してお腹(下腹部)に力を入れることによって、交感神経が優位に働き、お腹が鳴るのを防ぐことができるのです。

背筋を伸ばす

背筋をピンッと伸ばす方法です。お腹が鳴りやすくなる原因の1つが猫背と言われています。

猫背の状態でいると、胃が上から押されて伸縮しやすくなり、胃に入っているガスや空気が腸に移動し、お腹が鳴りやすくなります。

以下の点を意識して座り直してみましょう。

  • おしりと太ももを引き締めて、体重が左右均等にかかるように姿勢を正す
  • ひざを閉じて、両足の裏を床にぴったりとつける
  • ウエストの後ろが背もたれにつくくらいに座り、背筋をピンの伸ばす

このように姿勢を正して座ると、胃の押し付けも減り、お腹が鳴るのを防ぎやすくなります。

以前にテレビ番組でも紹介されていた対処法です。

授業中など座っている時間が長くなってくると、お腹にガスが溜まりやすくなるので、20~30分に一回体をひねって、ガスを流してあげて下さい。

テスト中に変な動きをしたり体をひねると、カンニングが疑われるので注意しましょう。

ツボを押す

親指と人差し指の付け根部分の真ん中あたりにある合谷(ごうこく)というツボを押す対処法。

ここを押すことでお腹が鳴るのを防ぐと言われています。

是非、一度試してみて下さい。

ちなみに合谷は「空腹を防ぐ」効果もあると言われているので、食べすぎ防止にもなりますよ。

授業中にお腹が鳴る!その原因は?

そもそも、なぜ授業中に鳴るのでしょうか?

『お腹が鳴る=お腹が空いている』と思われがちですが、実はその他にも原因があります。ひとくくりでお腹が鳴るといっても、原因は人それぞれなので、他に考えられる原因についても解説していきます。

胃の中の食べ物を腸に押し出す際のぜんとう運動の音

これは一番よくあるお腹が空いたときに鳴る音のことで、胃に次の食べ物が入ってくる時の為にスペースを確保するのですが、その際に鳴るのです。

「お腹が空いてきましたよ!」「食べ物を受け入れる準備ができていますよ!」という合図みたいなものですね。

それが、ちょうど授業中の3~4時間目あたりに来るのです。ありがたいような、ありがたくないような人間の機能ですね…。

飲み込んだ空気が体内を移動する音

物を食べたり飲んだりする際に、一緒に空気も飲み込んでいる場合があります。その空気が体内を移動するときにお腹が鳴るということが考えられます。

特に早食いの人や、炭酸系の飲み物を好んで飲む人は注意が必要です。

また、食べ方によっては空気を飲み込みやすい呑気症(どんきしょう)という症状があります。

よくお腹が鳴るという方は、この症状が考えられるので、朝ごはんは早食いせず、良く噛んでゆっくり食べること。

また、普段の飲み物は炭酸系を控えて水やお茶を飲むようにしてみましょう。

食べ物を消化するときに発生するガスの音

これは食べものによって変わってきます。特にお肉が好きな人は、知っておきましょう。

肉類は消化吸収においてガスを発生させやすいと言われています。

また、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を摂ると、お腹がゴロゴロする人もこれに当たります。

ですから、例えば朝ごはんに牛乳を飲んでいる方はお茶に変えてみるとか、肉類が好きな方は、朝は魚類や卵などに変えてみるなどの工夫をしてみて下さい。

そうすることで、授業中にお腹が鳴るのを防げるかもしれません。

なかなか、中学生や高校生で朝食を自分で作るという人は少ないと思うので、一度お父さんやお母さんなど家族に相談してみるのもいいかと思います。

まとめ

今回は、思春期の女子のために授業中やシーンとした状況でお腹が鳴らないようにするための対処法を4つご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

もう一度、おさらいでお伝えしておきます。

  • 腹筋(下腹部)に力を入れる
  • 背筋を伸ばす
  • 体をひねる
  • ツボを押す

ですね。効果は、個々で差があると思いますし、これで必ず鳴らないようになるわけではありませんが、お腹が鳴って恥ずかしいという方は、是非一度試してみてください。

ちなみに私は「腹筋(下腹部)に力を入れる」方法と「背筋を伸ばす」方法をミックスさせてやっていましたよ。それでかなり改善できました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする