キンプリ「ichiban」に批判殺到!口パクやパクリ疑惑を調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6/10のミュージックステーションでキンプリの新曲「ichiban」がテレビ初披露されましたね。

今回の新曲「ichiban」は、作詞・作曲をヒップホップアーティストのKREVAが手掛け振り付けを世界的ダンサーのRIEHATAが担当した楽曲ということもあり注目されていました。

初披露された放送中から放送後まで、Twiterでは「かっこいい!」「ダンス上手すぎ!」「パフォーマンス最高~」といった声が溢れてました。

しかし、その反面「口パクでは?」「パクリ?」などの批判も挙がっていました。

この記事では、キンプリの新曲「ichiban」は、本当に口パクだったのか?また、パクリ疑惑についての真相に迫っていきたいと思います。

▼【メーカー特典あり】 Made in (通常盤/初回プレス)(特典:アクリルスマホスタンド付

キンプリの新曲「ichiban」に批判殺到?

では、まずはネットでどんな声が挙がっていたのかを見てみましょう。

キンプリのichiban?がめっちゃバンタンのパクリっぽい…
キンプリichibanは NCT127 のパクリ?
キンプリいつも生歌だけど今回はダンス激しいしさすがに口パクかなって思ってました
キンプリichibanは口パク?ダンス上手すぎ!

このように「パクリ?」「口パク?」という声が結構ありました。

ただ、僕個人的な感想としては「ダンスは韓流っぽいなぁ」という印象は少しありましたが、振り付けも世界的ダンサーのRIEHATAさんなので早い動きもあり、カッコいいと思いました。

また、曲もラップの部分はさすがKREVAさんという感じでカッコいいですし、パクリという感じはしませんでした。

総評としては「キンプリっぽくないぁ」という新鮮さもあり、これまでのキンプリも良いけどこっちもカッコ良いと思いましたよ!

キンプリの新曲「ichiban」は口パク?

見た感じだと、全部が全部口パクというより、音を入れたり声をボイスチェンジャーで入れているようなところが所々あるという感じに見受けられました。

そこまで、批判が出るような違和感もなかったですし、仮に口パクだったとしてもパフォーマンスも良かったと思いました。

キンプリの新曲「ichiban」はパクリ?

ネットの声でも挙がっていた「パクリ」疑惑はどうなのでしょうか。

NCT127の「英雄; Kick It」のパクりと言われているようですが、そんな感じではないですよね。

実際に聞いてみましたが、サビの部分の、重低音・リズム調が似ているという感じなんですかね?

パクリというほどではないと思いますが…。どうなんでしょうか?

キンプリがこれまでに口パクと言われた曲はあるの?

2021年12月24日に放送された「ミュージックステーション ウルトラSUPERLIVE2021」で歌った「Namae Oshiete」で口パクと言われていました。

この時も、Twitterで「口パク」「秒で分かってしまう」などの声がありました。

まとめ

今回、キンプリの新曲「ichiban」がテレビ初披露されましたが、「パクリ?」「口パク?」など批判が殺到していたので、本当なのか真相に迫ってみましたが、いかがでしたか。

僕自身も、多少音や声は入れてるかなぁという感じに思いましたが、曲もKREVAさんが作っただけあってカッコ良かったですし、パクリという感じはしませんでした。

また、口パクに関しても、全部が全部口パクというより、音を入れたり声をボイスチェンジャーで入れているようなところが所々あるという感じに思いましたが、批判が出るような違和感もなかったですし、パフォーマンスも良かったと思いました。

ルックスも良いですし、ダンスも出来るし、バラエティーとか出ても面白いので、仮に歌ぐらい多少口パクでも全然OKと思いますよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする