米津玄師ライブ2022チケットの取り方!当選倍率も予想してみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米津玄師さんが2022年9月から2年半ぶりとなるリアルライブ・アリーナツアーを開催すると発表されましたね!

その名も、
『米津玄師 2022 TOUR / 変身』

2年半ぶりのリアルライブということでSNSでは「何が何でも行きたい!」「チケット欲しい~」「待ってましたー!」という声も多く挙がっています。

このリアルライブツアーは、9月23日の東京公演を皮切りに、大阪・兵庫・愛知、最後に埼玉と全国5会場10公演のツアーとなるようです。

ただ、米津玄師さんのライブと言えば、かなりの人気なのでなかなかチケットが取れません。

そこで、今回この記事では、

  • 米津玄師ライブ2022チケット取り方
  • 米津玄氏ライブ2022の倍率は?

について詳しく紹介していきます。

米津玄師リアルライブ2022|チケットの取り方

では、早速今回のライブ『米津玄師 2022 TOUR / 変身』のチケットの取り方を紹介していきます。

まず、今回のライブツアーは全て応募抽選となり、オフィシャル先行受付などは今のところ行っておらず、発表もされていません。

現在、発表されているチケットの取り方は、以下の2通りとなります。

ニューシングル『M八七』を購入し、シリアルナンバーを入手

アルバム『STRAY SHEEP』を購入し、シリアルナンバーを入手

では、それぞれのチケットの取り方を詳しく見ていきましょう。

チケットの取り方①「M八七」でシリアルナンバーを入手

チケットの1次抽選に申し込むためには、2022年5月18日に発売されるニューシングル「M八七」に封入されているシリアルナンバーが必要となります。

まだ予約できていない方はこちらから予約!▼

【先着特典】M八七 (映像盤)【初回限定】米津玄師

  • 1次申し込み期間:5月17日(火)10時~5月22日(金)23:59
  • 抽選結果:6月2日(木)12時
  • 入金期間:6月2日(木)12時~6月7日(火)23:59

チケットの取り方②『STRAY SHEEP』でシリアルナンバーを入手

チケットの2次抽選に申し込むためには、昨年8月に発売されたアルバム「STRAY SHEEP」に封入されているシリアルナンバーが必要となります。

  • 1次申し込み期間:6月16日(水)10時~6月22日(金)23:59
  • 抽選結果:7月5日(火)12時
  • 入金期間:7月5日(火)12時~7月10日(日)23:59

今のところ、チケットの取り方はこの2通りのみとなります。

現状、一般販売の予定もありませんので、ニューシングル「M八七」を買ってシリアルで応募して当てるか、前回発売のアルバム「STRAY SHEEP」に封入されているシリアルで応募して当てるかしかありません。

ただでさえ取りにくいと言われている米津さんのライブですが、この2通りだけとなると今回のライブツアーはさらに倍率もすごいことになりそうですね。

米津玄師リアルライブ2022|チケット倍率は?

2年半ぶりとなる今回の米津玄師さんのライブ『米津玄師 2022 TOUR / 変身』のチケット倍率を予想してみました。

まずは、今回の公演会場を元に総動員人数を見ていきましょう。

米津玄師リアルライブ2022|公演会場と収容人数

今回の米津さんのライブ『米津玄師 2022 TOUR / 変身』の公演会場と収容人数は以下のようになっています。

『米津玄師 2022 TOUR / 変身』公演概要 
  • 東京:東京体育館
    開場15:30/開演17:00
    収容人数10,000人 2日間 計20,000人
    2022年9月23日(金・祝)
    2022年9月24日(土)

  • 大阪:大阪城ホール
    開場16:30/開演18:00
    収容人数16,000人 2日間 計32,000人
    2022年10月4日(火)
    2022年10月5日(水)

  • 兵庫:神戸ワールド記念ホール
    開場15:30/開演17:00
    収容人数8,000人 2日間 計16,000人
    2022年10月8日(土)
    2022年10月9日(日)

  • 愛知:日本ガイシホール
    開場16:30/開演18:00
    収容人数10,000人 2日間 計20,000人
    2022年10月18日(火)
    2022年10月19日(水)

  • 埼玉:さいたまスーパーアリーナ
    開場16:30/開演18:00
    収容人数30,000人 2日間 計60,000人
    2022年10月26日(水)
    2022年10月27日(木)

今回のライブツアーは、5会場10公演で総動員数が14,000人となります。

では、この総動員数を元に1次抽選の倍率を予想してみましょう。

米津玄師ライブ2022|1次抽選のチケット倍率は?

シリアルが封入されている「M八七」は5月18日発売と発売前なので、前回のシングル「Pale Blue」を参考に1次抽選の倍率を計算してみました。

前回の「Pale Blue」は、発売初週に約16万枚、ダウンロードが約3万DLだったので、この数字を参考にすると「M八七」も少なくとも約20万以上のシリアルナンバーが有効になると予想されます。

今回、チケットは1人4枚まで購入可能となっておりますので、仮に3割の人が4枚エントリー、7割の人が2枚エントリーしたと想定します。

そうすると、6万人×4枚、14万人×2枚となるため、約52万のエントリーがあることになります。

しかし、2次抽選もあるので、1次抽選で半分の方が当選すると考えると、

520,000÷74,000=約7.02倍となります。

ただ、これはエントリーする人数も、1次抽選の割合も少なくみての予想となりますので、さらに高くなる可能性が高いですね。

米津玄師ライブ2022|2次抽選のチケット倍率は?

では、次に2次抽選の倍率です。

2次抽選の対象は昨年8月に発売されたアルバム「STRAY SHEEP」を購入されて、シリアルをすでに持っている方となります。

このアルバムの販売枚数は約90万枚となっています。90万枚のシリアルナンバーがあると考えて、全員が2次抽選に申し込みするとは考えにくいですが、仮に半分(45万人)の方が申し込みをしたとします。

そして、1次抽選と同様にその中から3割の人が4枚エントリー、7割が2枚エントリーしたと想定すると、13.5万人×4枚、31.5万人×2枚となるため、約117万人分のエントリーがあることになります。

1,170,000÷74,000=約15.81倍となります。

2次抽選はさらにすごい倍率が予想されますね((+_+))

まとめ

今は、2022年9月からスタートする米津玄師さんのライブ『米津玄師 2022 TOUR / 変身』チケットの取り方倍率について紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

お伝えしたように、今回のライブのチケットの取り方は、ニューシングル「M八七」を買ってシリアルで当てるか、前回発売のアルバム「STRAY SHEEP」に封入されていたシリアルで当てるかしかありません。

前回のアルバム「STRAY SHEEP」を購入されていない方は、5月18日発売のニューシングル「M八七」(初回盤)に封入されているシリアルで当てるしかありませんが、2次抽選より1次抽選の方が倍率も低くなると思いますので願いを込めて応募してみましょう。

また、過去にもあったようにオフィシャル先行と一般でも発表になる可能性もありますので、期待して待ってみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする